お手本にしたい! ヴィンテージスタイルの部屋の新しい魅力

UR都市機構九州支社がジャーナルスタンダード ファニチャーとコラボしたモデルルームが7月31日までの期間限定でオープンした。団地の1室を活かした新しいスタイルの一部をご紹介。

0

『A little atelier of semi-Western style』~花と文字のある暮らし~

 

舞台は築35年になる団地の、和室で構成された風情あるお部屋。その間取りをジャーナルスタンダード ファニチャーがコーディネートし、新しい団地のスタイルを提案しているそう。

モデルルームのコンセプトは「花と文字がある暮らし」。アーティスティックな日常を感じられる空間となっている。

 3

 2_1

まずはリビングルーム。光が差し込む和室に、暖かなクラフト家具やシュッとした表情のラックが調和し、落ち着いた空間に。

4

6hzptvFuB-gMwmFihxlwozRRsqZHSnb5Z6HVfYStGSA,Chk-f-yned7PqPD3qFf2MPfBJRxpevRhqD2I-iqbQLM

続いてダイニング。ウッドデザインのテーブルがお部屋とマッチし、アンティークのような雰囲気。

1

iysviAB1oWPEBkCDdLszjLMVPrsyf2Xx0yoa0nhAOyQ,rDmqHHo713zLUIZDdpSZEOylGNh629OlKbqVjZGovns

こちらは和室をアトリエへ。創作意欲の沸きそうな、アートなお部屋。

slJA1-jaVs3fuAdjRlgReJq6-zXAi9TF-8Vv9ES93UE,4PH2VV2YOz4my8JfXRog3_vtnaJKvzhYy2VcPGeNvPU

5

ベッドルームはあえてシンプルに。落ち着いた空間で1日の疲れを癒せそう。

 

いかがでしょうか。ジャーナルスタンダード ファニチャーがプロデュースしただけあって、築35年とは思えない素敵なお部屋です。

ヴィンテージテイストにコーディネートされたお部屋に、団地のイメージも変わったのではないでしょうか。

ボーナスでお引越しを検討している方も参考になるかもしれません。是非モデルルームに足を運んでみてくださいね。

 

~モデルルームのご紹介~

【公開期間】2015年6月27日(土) ~7月31日(金)

【所在地】福岡県福岡市中央区大名2-6-20大名第3団地703号室

【モデルルームの見学方法】UR福岡営業センターまでお越しください。

【電話番号】0120-555-795/092-722-1101

【期間中のUR福岡営業センターの営業時間】9:30~18:00※無休

地図 (1)

 

 

関連記事

発売から即2000本完売! 大人気アメリカ発レインブランド「トーツ」

ただ役立つだけじゃ女の子は楽しめない!【シップス別注キャンドル】

ル・クルーゼは「ココット・ロンド」だけじゃない! フライパンも優秀なことに気づきました

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読