iPhone 4S発売! Apple Store銀座店直撃レポート&早速さわってみた

編集部/ケヤキ

本日10月14日、ついにiPhone 4Sが発売されました。
そして、MonoMax編集部でも早速最新端末をゲット!

ph01

過去最高の盛り上がりを見せた店頭の行列の状況や、最新端末のファーストインプレッションをここでご紹介します!

まずは、本日午前中のApple Store銀座店の模様から。

ph02

Apple広報担当者の話によると、本日は朝8時の段階で、なんと800名以上の方が並んでいたんだとか。もちろんこれはiPhone史上最高の人数。ユーザーのiPhone 4Sに対する期待の表れといっていいでしょう(iPhone4発売時は500名だったそうです)。

ちなみに本日一番最初にiPhone 4Sを購入し、Apple Store銀座店から出てきた人は、au端末を手にしていたとの情報も……。そして私が個人的に驚いたのは、行列に並ぶ人たちに対するAppleスタッフのキメ細やかな対応です。日差しが強い場所に並んでいる人に日傘を貸し出したり、待っている人全員にお水やお菓子を配ったり。

ph03

こういったユーザー目線に立った配慮の積み重ねこそが、多くの人々に愛される現在のAppleブランドを作り上げたのかもしれませんね。

そしてお待ちかね、iPhone 4S本体!

ph04

!! ????

見た目はiPhone 4とほとんど同じ!?
でも、中身は全然違います!

日本時間の10月13日未明に公開されたiOS5と、iPhone 4Sに搭載された最新プロセッサ「A5」の組み合わせにより、操作性はもちろん機能面でも驚くべき進化を遂げています。

とはいえ、実は私もまだ触りはじめたばかり……。詳細なレポートは11月10日発売のMonoMax12月号に譲るとして、今回は進化点をちょこっとだけかいつまんで紹介します。

まずはカメラ。これはスゴイ。個人的にうれしいのは、ロック画面から直接カメラを起ち上げられる点。また、自動で赤目軽減やホワイトバランス補正を行ってくれる点など、もはやハイエンドコンデジと比較しても遜色ない仕上がりです。CMOSセンサーやIRフィルターも改良され、色精度も大幅に向上しているようです。

ph05

それから画面表示の美しさも触れないわけにはいきません。A5チップ搭載により、グラフィック処理性能が7倍に向上したといわれているiPhone 4S。みなさんもひと目見れば納得できるはず。Safariを起動した時、アプリを起動した時、あらゆる場面でその進化を体感できるでしょう。

ph06

さらに、カレンダー機能も大幅な進化を遂げています。これまで以上にスケジュールの書き込みや登録が行いやすくなり、一度書き込んだ予定はドラッグで好きな日時に移動することも可能です。今までは有料のスケジュール管理アプリを使っていた私ですが、今後はiPhone 4S標準のカレンダー機能ですべて事足りそうです。

ph07

 

それ以外にもiCloudやリマインダー機能など、注目点が目白押しのiPhone 4S。より詳細な情報は、MonoMax12月号で大放出する予定です!

なお、Apple Store銀座店は明日(15日)、明後日(16日)も本日と同じように整理券を配布し、iPhone 4Sを販売するとのこと。平日はなかなか会社を抜け出せない……という方は、週末のチャンスをお見逃しなく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 9月号

8月9日(木)
890円(税込)