EX-ZR200が想像以上に軽快で驚きました!

編集部/ケヤキ

毎年、多種多様の新モデルがリリースされているコンパクトデジカメ。某家電メーカーの調査によると、現在のコンデジ市場は2台目、3台目の「買い替え需要」によって支えられているとの情報もあります。

では、皆さんが“次の1台”を買うとしたら、どんな基準で候補を絞り込みますか? 多くの人は、現在使っているデジカメのストレスを払拭してくれそうな機種を選ぶはず。

ちなみに、もし皆さんの中に「次の1台はレスポンスにこだわりたい」という人がいるなら、私は断然カシオのEX-ZR200をオススメします。
EX-ZR200BK_f_le

カシオといえば、特徴的なデジカメを世に出し続けているメーカーのひとつ。
ゴルフのスイングチェックニーズを想定し、ハイスピードムービー機能やグリッド表示をサポートする「EX-FC200S GolfModel」なんかは、その代表格ですね。
名称未設定 1

また、可変フレームの採用により、レンズ部を自由に回転させられる「EX-TR100」は、今や中国の女性ブロガーの間で大人気らしいですよ。理由は「フレームを持ってシャッターを切れるぶん、レンズと顔の距離を調整しやすく、自撮り写真がかわいく撮れるから」なんだとか(笑)
名称未設定 2

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、EX-ZR200です。前述の通り、このカメラのいちばんの特長は「快適さ」。電源ボタンを押してから起動までに要する時間は約0.98秒。しかも起動後、約1.51秒後にはシャッターが切れてしまいます。

このスゴさ、数字にすると伝わりにくいかもしれませんが、実際に触ってみると驚きです。

また、それ以外にも素敵な機能はたくさんあります。例えば「HDRアート機能」。普通に撮るとこんな写真が、あっという間におしゃれな感じに。

Before                                           After
ノーマル(HDRアート)HDRアート

それから、絞りやシャッタースピードを調整することなく、誰でも簡単に「背景ぼかし」ができる機能とか。
背景ぼかし

極めつけは、超広角撮影が可能な「ワイドショット機能」。デジタル一眼レフで、こんな広角写真を撮ろうとしたら、レンズに相当なお金を注ぎ込まなくてはなりません。でも、EX-ZR200なら画面の指示に従ってカメラを動かすだけでOK。
ワイドショット

発売日は11月18日、実勢価格は45,000円。この魅力をぜひ皆さんと共有したいので、家電量販店などで見かけた際は一度シャッターを切ってみてください。

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読