【BEAMS別注】ショーン・ステューシーが削り出した無垢のN-3B【S/DOUBLE】

ここ数日、寒い日が続いています。そろそろ本格的に秋の空気ですね。

毎年この時季は決まってミリタリーがブームと押されるわけですが、春に巻き起こったMA-1旋風の勢いを考えますと今年の秋冬も継続!と感じる方も多いのではないでしょうか? もちろん、それは正解です! ではどういったモデルを選ぶべきでしょう?

そこで都会派ミリタリーコートの出番です。紹介するのは、STUSSYの創設者としてストリートブランドを定番カテゴリーに押し上げたショーン・ステューシーが贈る「S/DOUBLE」と「BEAMS」のWネーム。

 IMG_0241

別注N-3B/S/DOUBLE×BEAMS ¥57,000

 

こういった別注品はインライン(既製品)に手を加えて~という流れが通例なのですが「ショーンさんが着るならどんなN-3B?」というオファーに対して、1からデザインを構築していったBEMASだからできる贅沢な別注品になっています。

 別注のポイントは、ショーン氏曰く次の通り。

軍服をモダンにするには、シルエット以外のディテールを如何に削るか。引き算の考えをしなければならない。従来のN-3Bにはないスタイリッシュなシルエットを追求したい。N-3Bのディテールを考えるとシルエットをタイトにし、クリーンをキープするだけでなく、男らしさを表現するディテールも必要――ショーン・ステューシー

その上で、「フード部分の引き算として、コヨーテファーをなくした」といいますから、ショーンの頭にあったのは、1970年以前のN-3Bでしょうか? 袖リブもなくし、シルエットはシャープだけどスリーブのドレープ感&パッカリング縫製でしっかりとミリタリーらしい存在感をキープしていますよね。またブラックほど重た過ぎず、ネイビーほどフレッシュ過ぎないダークネイビーというカラーパレットの選択もいいじゃないですか。

 若年層はもちろん50代のショーン氏自らも着用できる、愛用品としての資質をしっかりと押し上げていますよね。そうそう! こういうミリタリー臭を薄味にしたモダンさこそが今季に求められるエレメントなんですよ。

 

 

別注N-3B/S/DOUBLE×BEAMS ¥57,000

問 ビームス 原宿☎03-3470-3947

 

ライター/河原井

 

【関連記事】

ホグロフスの新顔は、高スペックを搭載した都会派のジャケット&パーカです!

SILJAM PARKA 1

【シエラデザインズ】伝説のマウンパに50周年モデルが登場! レトロな顔立ちながら機能的な一枚に仕上がりました

SD5971J BRV

第1弾が完売!待望の「バブアー」ムック第2弾、9月10日発売します!

バブアー2015_表1

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読