デジイチだけどちっちゃい!軽い!EOS Kiss X7

ライター/岡安学

EOS Kiss X7_Slant_With18-55IS STM_JPN

デジイチと言えば、本格的な写真が撮れるけど
大きくて、重くて、難しいと言う印象を持っている人が多いのではないでしょうか。
この度、キヤノンから発売される
EOS Kiss X7はそんな常識を覆してくれるオドロキの一台です。

重さはなんと370g!(本体のみ)
同シリーズの前モデルである
EOS Kiss X6iが520g(本体のみ)だったことから
激的に軽くなったことがわかりますね。
大きさも小型でお馴染みのミラーレスカメラと比べても
遜色のないサイズですよ。

 


サイズが小さく、軽くなったところで
難しければ使えないわけですが
そこも安心です。

コンデジと同様にシーンインテリジェントオートが搭載されており、
カメラが状況や被写体などを判別し、
最適な設定で撮影できるようにしてくれます。
まぁ、つまるところシャッターを押すだけでおっけーってことです。
オートフォーカスも測距エリアが従来機よりも
大幅に拡大しており、撮りたいものを
画面中央に持ってこなくてもキッチリピントを合わせてくれんです。
子どもや動物など動く被写体にも
バッチリなので、使いやすさは抜群。

他にも、いろいろな撮影シーンに適した設定で撮れる
スペシャルシーンモードに
キッズ、料理、キャンドルライトを追加。

モノクロや魚眼風、水彩風などの写真が撮れる
クリエイティブフィルターや
デジイチならではの背景ぼかしが
簡単にできるぼかしシュミレーションなど
撮影する楽しさが倍増する機能も満載。

デジイチの満足感とミラーレスの手軽さが
ぎゅっと詰まったこの一台。
どちらを買うか迷っている人も
もう迷う必要はない!と言ってもいいかもですよ。

EOS Kiss X7_Body_Back_JPNEOS Kiss X7_Body_Top_JPN

背面と上面。デジイチだからそれなりに
ボタンとかダイヤルとか付いていますが
操作は至って簡単です。
ファインダーで撮影できるのもデジイチの特権。
明るい場所でも撮影しやすい強みがある。

ちなみに同時にエントリーながら高機能・高性能を実現した
EOS Kiss X7iも同時リリース。
こちらはまたの講釈で。

EOS Kiss X7製品情報
キヤノンホームページ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読