【デュベティカ】都会的な着こなしの決め手として、息長く使える白無垢のスプリングダウンが新着!【2月下旬発売】

段々と寒さの和らぎつつあるこの2月は、春物探しに本腰を入れるタイミングでもあります。
そこで改めて注目したいのが、重ね着の妙。なにせこれからしばらくは、薄着になる一方ですから、周りに差をつけやすいレイヤリングスタイルを実践するには最後のチャンス!になるわけです。
ここ最近のワールドトレンドである、ノームコアやエフォートレス。いわゆるタイムレスな定番を極める嗜好のなかで、基本として導き出されたテイストが“都会的な洗練”であることを鑑みれば、春アウターに<デュベティカ>という選択肢は、いまの気分を見事にとらえた正解例といっても過言ではないと思いませんか?

ヴェニス近郊に設立された<デュベティカ>。
2003年の日本上陸から瞬く間に都会派ダウンの急先鋒となった、皆さまおなじみの伊ダウンジャケット専門ブランドです。その代表作といえば、最上級のグレイグースダウンを使ったダウンジャケット「ディオニシオ」、あるいはこの時季ならダウンベスト「アリステオ」が定番ですが、じつはこうした軽アウターも用意しているんです。

「ラウロス」/デュベティカ ¥79,000

この春に<デュベティカ>が贈る新作コレクションのなかで、ひと際目を引く白アウター。なんといっても主役級の働きを担うウェアですから、クリーンさが持ち味の白なら都会的な装いの決め手になるわけです。
おまけにコチラは、前身頃を軽量なリップストップ生地で誂えた春仕様のキルティングダウンになっていまして、スリーブ&後身頃をニットで切返したデザイン。こうすることで、絶妙な立体感を演出するとともに、無垢な白アウターならではのリッチなムードを醸しているんですね。

春らしく薄手の作りですが、そこは<デュベティカ>。最高品質グレイグースダウンの恩恵によって見た目以上の保温性を確保していますし、なによりも軽量ですから、カーディガンやブルゾン感覚でサラッと羽織ることができる。上品な着こなしのスパイスとして、また春先の寒暖差対策としても手放せない一着になるはずですよ!

ライター/河原井

デュベティカ
ラウロス
価格:¥79,000(2月下旬発売)
問い合わせ:問エフイーエヌ☎03-3498-1642
http://duvetica.fen.co.jp/

【関連記事】
【別注コンバース】傑作を格上げする“スエード”という手法【ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ】【最旬スニーカー②】
★

「ウルヴァリンSince1883」コレクションにサイドゴアブーツが登場!
WOLVERINE_ECKINSWBSM-W40116-030515-S16-045[1]

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読