時代はハイレゾ!超高音質で聴けるウォークマン!

ライター/岡安学

NW_Z__ZX1_04_UI
iPadのRetinaディスプレイや4Kテレビなどの
高解像度で視聴することが
だんだん標準化しているように
音響の世界でも
音源のハイレゾ化が進んでいます。

音響のハイレゾ化は音源が
CDの3~7倍の情報量を持つので
PCオーディオが主流となっていましたが
今回、ソニーよりウォークマンが登場したことにより
いよいよ、ハイレゾ音源の持ち出しが可能になってきたと言うわけです。

ちなみにCD音源は44.1kHz/16bit 。
ハイレゾ音源は最大192kHz/24bitと圧倒的な差がある。
 


今回、発表されたウォークマンの中で
ハイレゾに対応したのは
ZX1シリーズとF880シリーズの2モデルだ。

NW_Z__ZX1_04_UI
ZX1シリーズは
ハイレゾ音源に対応したデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載。
データ容量の多いハイレゾ音源でも800曲が収録できる128GBのメモリー。
12月7日の発売予定で、カラーはシルバーのみ。
価格はちょっとお高めの7万5000円前後となる予定だが
その値段に相応する音質であることは間違いなし。

NW_Z__ZX1_03
大型のヘッドホンジャックなど、
細部まで音質にこだわった作りだ。

f880_std-nchp_b1
F880シリーズは
ZX1シリーズと同様に
ハイレゾ音源に対応したデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載。
周囲の騒音を98%カットするデジタルノイズキャンセリング機能も完備。
10月19日に発売予定で、カラバリは16・32GBが4種類、64GBが2種類だ。
価格は16GBが2万7000円前後、32GBが3万円前後、64GBが4万円前後となる予定だ。
f880_grp_nchp1
カラーはブラック、ホワイト、ブルー、ビビットピンクの4色。

現状では
ハイレゾの音源を入手する手段は少ないが
moraが10月17日から
ハイレゾ音源の配信を開始する予定。
今後は、続々と増えていく予感アリアリだ。

若者にはちょっと高価な趣味となるかも知れないが
モスキート音に証明されるように
年を追うごとに聴き取れる周波数帯が減っていってしまう。
是非とも、本当の高音質が聴き取れる若い頃にこそ
ハイレゾ音源で音楽を聴いて欲しい。

ウォークマン商品詳細
High-Resolution Audio Gate
ソニーホームページ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読