美味すぎる!最高の朝食を作る「4つのコツ」

バルミューダ
東洋経済オンラインにて、MonoMax編集部配信の記事がアップされました。
時間がない平日の朝、朝食はついコンビニなどで簡単に済ませがち。実はそれが、午前中の調子が上がらない原因のひとつになっているかもしれない。

朝食は寝ていた体にエネルギーを送り、脳や内臓を活性化させる効果があるといわれている。つまり、朝食にこだわれば朝から元気に一日を過ごせるということだ。いつもよりちょっと早起きしてゆとりのある朝食タイムを過ごしてみれば、普段と違う快適な朝を迎えられるはずだ。そのためには朝食にもこだわりたい。ちょっと豪華で栄養価が高ければ、心の充実度はアップし、体はさらに軽くアクティブになる。

外はカリカリ中はフワフワのトースト、サクサクのグラノーラ、さっぱりとしたスムージー、甘いけどクドくないハチミツ。それらが整然と机上に並んだ様子は、見るだけで一日いいことがありそうな予感がしてくる。そんな幸せな時間を毎朝手に入れられるとしたら、ちょっとぐらいの早起きなんか苦にならないはずだ。
続きはこちらから

■関連記事
厳選! 最高のコーヒーをいれる「器具と豆」
無題
人気文具店が推薦!やる気が出る文具10選
文具

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読