【アプリ】バッテリー残量あとちょっと!だからこそ入れておきたい「電源検索Lite」

今や、手のひらサイズの端末でオフィス系のデータを確認できるようになり、社内でなくても業務を進めることができるようになりました。しかし、イザ! というときにバッテリーのアイコンが赤くなっていることも増えました。

だって業務連絡的なメールにはすぐ返信しなければなりませんし、チャットアプリも常時起動していなければプロジェクトの進行具合が確認できません。プライベートで使っているLINEだってチェックする必要があります。

ネットを駆使するコミュニケーションアプリはバッテリー消耗の原因だと知っていても、いまや電話よりも重要なコミュニケーションツールになっています。ゆえにバッテリー切れは死活問題。そこでバッテリーが切れる前に「電源検索Lite」をインストールして、近所にある充電可能なカフェやコワーキングスペースを探しましょう。

このアプリは全国各地の電源スポット&Wi-Fiスポット情報がまとめられた「モバイラーズオアシス-街の電源検索サイト」のデータを用いたもの。ブラウザでサイトにアクセスするよりもカンタンかつ的確に、現在地や目的地近くのスポットを探せます。移動すること多いモバイラーには欠かせないアプリです。

IMG_7141  IMG_7142

アプリを起動すると、現在地の地図の上に、スポット情報が表示されます。カフェはコーヒーカップのアイコン、コンビニやファーストフードはブランドアイコンで表示されます。

IMG_7151  IMG_7152

アイコンをタップすると、スポット名と電源・Wi-Fiの有無がポップアップ表示されます。もうすぐバッテリーがなくなっちゃう! という緊急事態のときは、この時点で行くべきスポットを見定めましょう。

IMG_7155  IMG_7154

ポップアップをタップすると住所、Wi-Fi・電源のカテゴリ、公式サイトURLなどの情報が表示されます。また「最新情報/コメントをつける」をタップすると、ユーザーから寄せられたコメントを見ることができます。

IMG_7147  IMG_7148

検索設定は変更可能です。初期状態は全カテゴリ・公式に電源利用可能となったスポットが表示されますが、サロンやフィットネスクラブなど、一見での利用が難しいスポットは除外する設定にしてもいいかもしれません。

IMG_7144  IMG_7145

検索フィードに住所や駅名を入れることで、これから行く目的地のスポット情報を探せます。しかし検索アルゴリズムにバグがあるのか、「東京駅」で検索すると、なぜか大島がHIT。無料ですし、贅沢はいえません。問題があるときは隣近所の駅名を入力して検索し、地図をフリックして目的地を表示しましょう。

電源検索Lite powered by モバイラーズオアシス(iOS)
電源検索Lite by モバイラーズオアシス(Android)

ライター/武者良太

【関連記事】

【アプリ】博物館でも大活躍!微音カメラとしても使える「Foodie」
【アプリ】気になるサイトの最新記事を見逃さないための「Feedly」
デジイチで綺麗な写真を撮りたいなら必携!「Pocket Light Meter」

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読