【LOCMAN】伊マニュファクチュールの旗手が贈る、最新クオーツコレクション

2016/06/24

 フードやアパレルの分野で際立った存在感を示しているけど、時計分野では後塵を拝している。そんな印象がイタリアにはあるはず。もともとモノ作りで知られた国ではありますが、時計の分野でいまひとつ輝けない理由を“マニュファクチュールが足りないから”――そう感じている方が大半でしょう。とすれば、今回紹介する<ロックマン>の認知は、ひとつの節目。イタリア時計ブランド躍進の要となる存在なのかも!?

 というのも、この<ロックマン>、イタリア唯一のマニュファクチュールとして知る人ぞ知る存在。1986年の誕生から30余年の間、世界初の革新的なモデルを発表する一方で、次世代を担う人材育成のために「イタリア時計学校」を開校。2009年に自社製ムーブメント搭載のフラッグシップコレクションを完成させるなど、“真のイタリア製時計”の担い手として、世界的に評価を高めている真っ只中。どうです? これだけ青田刈りのしがいのあるブランドは珍しいですよね! でも、いきなりハイエンドコレクションに手を出すのは荷が重すぎる。そんな堅実派の男性のために、この7月にお披露目となる、名刺代わりのクオーツコレクション「アイランド」を!

Island Crono
アイランド クロノグラフ¥43,000円/ロックマン

「アイランド」コレクションに並ぶのは、3針、オートマチック3針、そして今回紹介するクロノグラフの3種。非常にオーセンティックな顔立ち。ですが、どこか優しげなムードを伝えるのは、自由と幸せをイメージした本拠地エルバ島をコンセプトに据えているから。写真のカーキのほか、ブラック、ベージュ、サテン仕上げのネイビーというラインナップは、まさにエルバ島の景観からのインスパイアを思わせますよね。また裏蓋はエルバ島の絵が刻印されたチタン製、SSケースはヘアライン仕上げ、サファイアガラスと同硬度の風防など、節々に手の込んだ仕事を感じさせるクロノグラフが4万円台は良心的! 何を隠そう、イタリア時計学校に在籍する若き職人たちによる新技術が、このコストカットに大きく貢献しているそうなんです。

 何はともあれ、手の届きやすい価格設定で、ケース径は日本人にはなじみ深い38mm、オンオフを自在に行き来できるクラシックな顔立ち、さらに被りの心配が少ない気鋭ブランドとくれば、お試しの1本としても間違いのない選択ですよ!

ブランド名/ロックマン
コレクション/アイランド
ムーブメント/クオーツ3針、クオーツクロノグラフ
ケース径/38mm
防水/50M防水
ストラップ/ナイロン、シリコン、レザー、SS
価格/¥43,000~¥79,000(7月発売予定)

問い合わせ/ロックマン ジャパン☎03-5542-0310
http://www.locman.jp

関連記事
re_DSC01456
世界中の名作腕時計が揃うCOMMON TIMEが移転リニューアルオープンしました!
Komono SS2016 - Metal Series - Renee Blue 2
新進気鋭ウォッチ&サングラスブランド【KOMONO】が日本に本格上陸!

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読