TID Watchesのフルラインナップを見て触って買えるフェアが開催!

2016/07/15

delfonics fair

北欧らしい機能的でミニマルなデザインで人気を博しているTID Watchesが日本に上陸して間もなく1年を迎える。スウェーデンのデザインユニット「FORM US WITH LOVE」のヨナスとヨーンの手によるシンプルで上質な作りは、ノームコアなスタイリングにもフィットするとあって、いま最も旬な腕時計ブランドのひとつなのです。

TID4

TID Watchesの最大の特徴は、フェイスやベルトを自由にカスタマイズできること。バネ棒などを廃したシンプルなラグを採用したことによって、コーディネイトやその日の気分に合わせて手軽にベルトを交換することが可能なことだ。

たとえば定番モデルの「No.1」を例にフェイスとベルトの組み合わせパターンを挙げるとこの通り。ほら、同じモデルでもまったく違う時計のように見えるでしょう?

th_TID_no1_black_tan th_141113-image-02th_TID_no1_black_walnutth_TID_no1_whiteth_TID_no1_white_tan th_TID_no1_white_blackth_TID_no1_black_blackth_141113-image-01th_TID_no1_blackth_TID_no1_white_walnut

そして8月21日まで、文具と雑貨のセレクトショップDELFONICS・smith全店にて、TID Watchesのフェアを開催中。

約1ヶ月の期間中には定番のレザーベルトはもちろん、デンマークの有名テキスタイルメーカーとコラボレーションして製作した「Twain Wristband」まで、日本初のフルラインナップで展開されるとのこと。2万6000円(税別)〜と価格帯もお手頃につき、フェイスをひとつ選んで付け替え用のベルトを2〜3本チョイスするのがオススメです。

ぜひ実際に手に取って、あれこれと組み合わせを考えながらお気に入りの1本を作ってみてください!

ライター/那珂川

 

問い合わせ先/ティ・エヌ・ノムラ東京ショールーム
TEL/03-5791-2617

■関連記事

人気の北欧ウォッチ「ティッドウォッチズ」にスタイリッシュかつエコな新作ストラップが登場! 春らしい腕元に簡単チェンジ!

main-women

 

 

 

 

 

 

 

オンオフでメリハリをきかせるダニエル・ウェリントン初の別注時計!

IMG_4198-2-1420x947

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読