栃木レザーをまとったヒュンメルのレトロランニングモデルが登場!

2016/07/20

PRAY第二弾①

ヒュンメルから栃木レザーのヌメ革をアッパーに採用したスニーカーが新登場。ヨーロッパで人気のレトロランニングモデル「REFLEX」をベースとしながら、アウトソールはクッション性を高めるために厚みをアップし、シルエットもスマートに構築。また、REFLEXの代名詞ともいえるDカンを、シューホールだけでなくヒールサイドにも搭載し、フィッティングとデザイン性を向上させているのも特徴です。

hummel02
とはいえ注目すべきは、やはりアッパーの栃木レザー。フルベジタブルタンニンなめしで、職人が3ヶ月以上かけて作り上げる最高級品。化学物質を使わないので皮の細胞を壊すことがなく、なめした後でも伸びが少ないため、着用時の伸縮を得ることができるとか。要するに履けば履くほど自分の足型にぴったりフィットしていくというわけです。

ヌメ革なのでエイジングも期待大。カバンや財布でご存知のとおり、履き込んでいくにつれてアメ色に変化していくそうです。1年くらい履けばかなり味わい深くなるのではないでしょうか。

その一方でデメリットもあって、化学薬品でキレイに傷を消すことができないので、もともと皮にあるキズやシワがそのまま革に残ってしまいます。さらに傷や汚れ、水に弱く、メンテナンスが難しいなどケアも必要。それでも自分だけのレザーシューズを育てていく喜びが得られるなら、シューケアだって苦になりませんよね。むしろメンテナンスも楽しみに変わります。

PRAY第二弾②
このモデルは、“一人ひとりが世界に必要な一部分であり、多様性を認め合うことで、より良い世の中になることを願う”というスニーカーを通したプロジェクト「hummel PRAY」の第2弾。今回は“PRAY with LGBT”と題し、性的指向や性自認に関する差別をなくしていくため、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダ)をフィーチャー。本モデルによる収益はすべてLGBTを含めたすべての子どもが、ありのままの自分でオトナになれる社会を目指すNPO法人「ReBit」に寄付されるとのこと。

マイノリティと呼ばれる人たちと共に、自由で多様性のある社会を目指すヒュンメル。その考え方が、栃木レザーのヌメ革をまとったレアでマイナーなスニーカーに現れているのではないかと感じました。

hummel03
ヒュンメル
REFLEX OG
25,000円
サイズ:25、26、27、28、29cm

お問い合わせはエスエスケイ お客様相談室☎0120-50-7789 http://hummel.co.jp/

ライター/津田

 

■関連記事

<オニツカタイガー>日本の美意識が詰まった限定モデルがローンチ!

ASI_TH6N0N_5050_T

リーガルスニーカーがオールレザーで登場! 品のある表情はリラックスなコーデとの相性も◎
72KR

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読