デスクの上に青森ねぶた祭りを連れて帰ろう!

2016/08/02

NHF_image_01

「ねぶた」と呼ばれる張り子の山車と、その周りで舞い踊る跳人、お囃子の調子が混然となり、短いながらも生命力溢れる北国の夏を象徴する、青森ねぶた祭が本日からはじまった。「ねぶた師」と呼ばれる専門の職人が作る山車はもちろん、祭の参加者の衣装の色使いやデザインは、連綿と続く日本独特の様式美に溢れている。

その、ねぶたが持つ生命力や美しさをインテリア雑貨や生活雑貨を通じて世界に発信しているデザインブランド、「NEBUTA STYLE」が平和堂のロングセラー付箋シリーズ「ふせんするサポーター」とコラボレートして製作したのが、「ふせんする跳人」と「ふせんするお囃子」。

NHF_image_02
1セットにそれぞれ10枚×5体入りになっており、本の上にたくさん貼れば貼るほど、青森ねぶた祭の喧噪が甦り、なんだかわくわくとしてくるようだ。
いわゆる付箋を使う状況と言えば仕事や勉強など気の進まないシチュエーションがほとんどだが、こんな付箋を使えば、普段の業務が少しだけ楽しくなりそうだ。

NHF1NHF2

ふせんする跳人/ふせんするお囃子
380円
(問)平和堂
http://www.heiwado-st.jp
nebutastyle.com

ライター/那珂川

【関連記事】

03a-e1441333022506

大人気ロディアから、秋冬限定カラーが登場!

 

gb192-e1438757154148-300x255

ハイタイドの新作でスケジュール管理が楽しくなる!

 

9cc64ce3-s

オモシロ文房具をレビューします!

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読