【集中連載】今語りたい名車 Car No.24 プジョー 308GTi 270 by プジョースポール

「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが毎号1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。
このたび、当連載がめでたく25回を迎えます。
そこで、これまで当連載で扱ってきた名車を本ブログにて1台ずつご紹介。

第24回の名車はプジョー 308GTi 270 by プジョースポールです。

走りの水準が極めて高い
現時点でのホットハッチ世界一

ike_3107_01

308GTi 270 byプジョースポールは、ホットハッチ作りが巧みなことで知られるプジョーの最新にして最強のモデルとして今年の春先に上陸。

ike_3120_01
モータースポーツ部門でありレースカー/ラリーカーの開発を担っているプジョースポールが、308GTiをベースにして徹底的なチューンナップを施している。
控えめな外観とは裏腹にありとあらゆるところに手が加えられているが、最も特徴的なのは車の“270”が表しているとおり、1.6ターボのパワーが270psへと引き上げられ、加速性能重視のギア比がセットされた6速MTと組み合わせられていること。
シャシーもダンパーやスプリングのみならず、ほぼ全面的に見直しが図られ、トルセン式のLSDも備えられている。

ike_3124_01
当然ながらブレーキも強化される。
価格は436万円と決して安いとはいえないが、施された改良の量と質を考えればむしろバーゲンプライス、といえるレベルにある。

●ここにも注目!
元はダウンサイジング系だった1.6ターボエンジンを270ps/33.kgmまでチューンナップ。

ike_3132_01
相当に速いが、普通に転がすぐらいなら誰でもできるくらいの扱いやすさは持つ。
元々クオリティの高かったインテリアは、バケットシートなどでよりスポーティな仕様とされる。

ike_3140_01

取材・文/嶋田智之 撮影/池之平昌信
(本文の内容は2016年本誌掲載時点のもの)

■関連記事
MonoMax10月号特別付録 アーバンリサーチ 超整理バッグのTV CM動画を公開します!
ss

計算しつくされた収納部を搭載したアーバンリサーチの超整理バッグが登場!【MonoMax9月10日発売号特別付録】
IMG_6014

アーバンリサーチの超整理バッグは、8つの収納部を備え、使いやすさ満点なのです!【MonoMax10月号特別付録】
84547

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読