パートナーシェアなら“クラシック”を選ぶのもひとつの手です【土屋鞄製造所】

2016/09/29

デパートではその傾向が顕著なようで、バッグをシェアするカップル&ご夫婦が増えているんだとか。“休日くらい色で遊んだら?”と、女性が派手色を見繕うのが定番の流れだそうですけど、男にも美意識はありますからね(笑)。たとえば、シックなスタイルがお好みでしたら“クラシック”の有効活用をおすすめします。といいますのも、昨年はガウチョパンツ、今年春夏はスカンツが、女性の間で流行しました。このワイドパンツの時流を継いで、今季はロング丈のカーディガン&コートが元気なんですね。で、この組み合わせが何かと申しますと、ロング&リーン。肩から一直線に落ちるIラインシルエットの布石が打たれたというわけです。なにを隠そう、このIラインこそがクラシック。マニッシュの機運も重なりますし、今季はメンズライクなバッグに女性たちの関心が高まる、ちょうどいい頃合いなんです。

さて、そこでご紹介しますのは、土屋鞄製造所が提案する「トーンオイルヌメ」。これ自体はロングセラーシリーズですが、この9月に発売したばかりの新作が、またいい塩梅でクラシックな気分を誘うんですよ。
br_mg_6682 db_mg_6718
トーンオイルヌメ ツインベルトフラップバッグ 各62,963円(税抜)/土屋鞄製造所

形は、英国の伝統的なスクールバッグを下地にしたサッチェル型。これを土屋鞄製造所自慢のオイルヌメ革、そしてピッグスウェードの内革で構築した、2WAYバッグです。ちなみにサイズは、A4クリアファイル対応のH24×W34×D10cm。女性でも男勝りにならずに持ち歩ける、このサイズ感も絶妙じゃないですか! もちろん、この上質さがルックスだけに留まらないのが、土屋鞄製造所のすごいところ。長い愛用を約束する確かな作りこそが、バッグ製造の極北たるランドセルメーカーの本質ですからね。

たとえば、ハンドルの作り込み。“ハンドルが完成すれば、バッグは半分できたようなもの”という至言が業界にはありまして、本作の場合はこの通り。
d8_mg_7537
床革を重ねた芯材をカーブにあわせて丸く削り、オイルヌメ革で着せ込んで完成。手馴染のよさはいうまでもなく、すべてが手作業。これだけで手間をかけた仕事であることがわかります。
d3_mg_7486
次に顔立ちを見てみましょう。ベジタブルタンニンでなめした後、たっぷりとオイルを染み込ませた革は、表情豊かなアンティック風。作りはどこを切りとっても頑強そのもの。見るからに重厚な本作ですが、なんとメインフラップはクイックな操作感が持ち味の差込錠式。使いやすさにも、しっかりと目配せされているんですね。

一過性のトレンドよりも普遍的なデザイン。男の求める愛用品の在り方というのは、昔からそういうモノですからね。となれば、今季は絶好のチャンス! クラシックな機運が高まるいまに乗じて、パートナーを自分のフィールドに引き込んでみてはいかがでしょう?

<情報のおさらい>
ブランド/土屋鞄製造所
アイテム/トーンオイルヌメ ツインベルトフラップバッグ
価格/62,963円(現在発売中)
問い合わせ/土屋鞄製造所☎03-5647-5123

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読