人気の秘密は素材と機能性とデザイン性!フレッシャーズにも使ってほしいPORTER BLADE

2017/01/20

春から新生活を迎えるフレッシャーズに朗報です! ダウンコートなしでは過ごせないような本格的な冬が始まったばかりですが、快適な新生活をおくるために今から準備しておいて間違いない機能性抜群のアイテムをご紹介します!
それが、現在「宝島社ストア」で限定発売中の「PORTER BLADE(ポーター ブレイド)」シリーズです。日本国内鞄メーカーの老舗である「吉田カバン※」の人気ブランド「PORTER」へ宝島社からの特別オーダーで誕生した「PORTER BLADE(ポーター ブレイド)」。実はこちら、予約が殺到し一度販売を終了したのですが、ファンからのラブコールが止まず、この度再販することが決定した激レアアイテムなんです。

pb01

みなさん、ファンからのリクエストが殺到する、そんな愛されバッグの魅力、気になりませんか? それは、素材と機能性とデザイン性!
そもそも「PORTER BLADE」とは、80年を超える歴史を持つ日本屈指の鞄メーカー「吉田カバン※」が手がける「宝島社ストア」でしか手に入らない限定アイテムです。

pb02

中でも最大の魅力は、素材です。フランスのセルジュ・フェラーリ社が開発した防水性に優れた超軽量で丈夫な生地をボディに採用したり、光の当たり方で色がシルバーっぽく変化するインダストリアルな質感を体感できたり、と「PORTER BLADE」ならではのこだわりが満載です。

数ある「PORTER BLADE」の中でも注目アイテムが、シンプルで機能性に富んだDAY PACK(デイパック)です。

pb03

カジュアルに見えがちなリュックは、ついついTPOを選んでしまいがち。でも、余計な物をできるだけ排除し、潔いぐらいにスマートに仕上げたデザインならどうでしょうか?ちょっぴりフォーマルな場所へもこのアイテムならOKでは?また、メインの開閉部分は、大きく開くため荷物の出し入れも楽ちん。さらに、超軽量素材を使用したうえ、背面とリュックストラップにパッドが入っているので、荷物が多い、長時間外回りをする方にも気に入ってもらえるハズです。感度の高いあなたにピッタリなスタイリッシュなデザインと使い勝手の良さが魅力です。

DAY PACKに続き注目度の高いアイテムが、シーンに合わせて背負ったり、手に持ったりできる、「2WAY RUCKSACK(2ウェイリュックサック)」です。

pb04

丸みを帯びたバケツ型のフォルムが特徴のこちらは、便利な2WAY。時にはトートバッグとして、時にはリュックサックとして使える便利なバッグです。サイズは、底の直径(約)28cm×高さ(約)45cmという円柱型の大容量にも関わらず、本体の重さは690gと超軽量なんです。現在話題の背負えるトートバッグ。ジムや小旅行などかさばる荷物を持って出掛けるときに大活躍するモデルです。

続いて、ハイストリートな雰囲気が漂う、BACKPACK(バックパック)は、オシャレクリエイター系にオススメ!

pb05

こちらも軽量&大容量で使い勝手の良さは保証します。幅(約)27.5cm×高さ(約)50cm×奥行き(約)17cmのサイズ感で、(約)930gという軽さが人気の秘密です。クリエイター系の方ならPCはきっと必需品。重い荷物や制作物なんかを持ち歩いたりするなら、これぐらいのサイズと容量が必要では?また、右サイドのファスナーを開けると、メインの収納スペースへ繋がるため、リュックを背負ったまま荷物の出し入れが出来るんです。外ポケ4カ所、内ポケ1カ所を設けているため、細かい荷物もしっかり仕分けできます。

pb06

最後にフットワークの軽いあなたには、MESSENGER BAG(メッセンジャーバッグ)がオススメ!

こちらのメッセンジャーバッグは、自転車やバイクに乗ったり、移動が多いアクティブな方に最適です。ボディとのフィット感はもちろん、ストラップの長さも片手でスムーズに調節出来る本格仕様です。また、ポケットは、外装に1カ所、内装とフタに重なる部分に1カ所の3カ所を装備しています。身軽に動きたい時の強い味方ですね。

春からフレッシャーズとなるあなた、吉田カバン※の「PORTER BLADE」はいかがでしたでしょうか?「吉田カバン※」と言えば、品質はもちろん、機能性も抜群、使えば使う程、馴染み、長く愛用できると人気です! こちらの「PORTER BLADE」はどれも数量限定なので、春になる前に新生活の準備を始めませんか?気になる人は今すぐチェックしてくださいね! 詳しくは「宝島社ストア」をご覧ください! 

 ※「吉田カバン」正式名称は「吉」の「士」の部分が「土」となります

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読