[PR]全米ペット専門店シェアNo.1*! 自然派ドッグフード「ブルーバッファロー」を、愛犬ハナちゃんが実食!

2017/02/10

41756
じぃーっとペットペアレンツを見つめるトイプードルのハナちゃん。

41687
「よしっ!」
許しが出るや、気持ちいいほどの食べっぷり。高品質の鶏肉をはじめとする食材のおいしさに、満足そう。
「これはおいしいよ!」
人の言葉をしゃべれたのなら、きっとそんなセリフを話すだろうと確信できるくらいのはしゃぎっぷりでした。

もちろん、ハナちゃんがしゃべることはないわけですが、だからこそ私達が気を遣わなければいけないのが、愛犬の健康です。

41568
「ペットは、自分で不調を訴えられないですからね」
そう話すのは、ハナちゃんのペットペアレンツであるスタイリスト・栃木雅広さん。あるとき体の一部にしこりを見つけ、手術をしたことがあったそう。幸いにも経過は良好で、今ではすっかり元気ですが、家族の健康に不安を抱いた記憶は今も栃木さんの心の奥底に残っています。

そんな栃木さんがたどり着いたのが、ブルーバッファローです。
41778_2
高品質の生肉を主原料とし、高品質のタンパク質や栄養価を考慮した全粒穀物、健康的に育った野菜、抗酸化栄養素の豊富な果物などをバランスよく配合。合成の保存料や着色料はもちろん、アレルギーの原因となる恐れがあるコーン・小麦・大豆は一切使用していません。
さらには、米国の獣医師や動物栄養学士が選定・開発したというBLUE独自のライフソース™ビッツを配合。栄養の損失を最小限に抑えるコールドプロセス製法で作られ、豊富なビタミンや抗酸化栄養素、ならびにミネラルを取ることができます。

8 Blue wChris2
ブルーバッファローがなぜここまで原材料や栄養にこだわるのかといえば、会社を創業したビショップ家の人々と愛犬ブルーとのストーリーの中にあります。ブルーはかけがえのない家族でしたが、ある日、身体の表面にしこりが見つかり、ガンを患っていることが判明。普段の食事が犬の健康に大きく影響することをしったビショップ家は、健康に配慮した自然派ペットフードを提供するブルーバッファローを設立。その理念や製品の品質の高さが受け入れられ、わずか10数年で全米ペット専門店シェアNo.1フード*になりました。

大切な家族である彼らの健康を気遣うのは、ペットペアレンツの役目。いつか後悔することのないよう、ドッグフードはベストな選択をしたいものです。

BLUE
ブルーバッファローのドッグフード。子犬・成犬・高齢犬のライフステージと、超小型&小型・全犬種・大型の犬種サイズ、チキンレシピやラムレシピなど、全12種類のラインナップをそろえています。

*米国GfK調べ 2016年4月までの年間累計販売金額ベース

ブルーバッファロー・ジャパンお客様相談室
0120-888-160
http://www.bluebuffalo.jp

取材・文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読