「M78×86」、この数字は一体……!? A MAN of ULTRAとTOYOTA 86とのドリームタッグ!

様々なブランドや工房とコラボし、斬新なデザインとラインナップを世に送り出す「A MAN of ULTRA」。日常の世界にかっこいい「ウルトラな男」を創りだすこのコンセプチュアル・ブランドから傑作アイテムをピックアップ! 今回はあの人気車種をベースにしたコンセプトカー!

A_公式スチール(バミリ修正済)
 
©TSUBURAYA PROD.

一見しただけでわかるかっこよさ! この『M78×86』(エムナナ八チハチロク)は、「“ウルトラな男”のためのクルマを創ろう!」を合言葉に、昨年結成された「TOYOTA  86 × A MAN of ULTRA」プロジェクトによって開発されたコンセプトカー。車好きの40~50代をリサーチし、人気の高かった車種「TOYOTA 86」がベースとなっています。

B_車フロント(Tグリル)
 
©A MAN of ULTRA

外装はTOYOTA 86のクリスタルブラックシリカに、クロムパーツを中心とした高級感ある仕上がり。何と言っても注目は、フロントフェイス。八つ裂き光輪をイメージし、『M78星雲』と『86』を掛け合わせた『M78×86』のオリジナルエンブレムを採用しています。
C_image
 
©A MAN of ULTRA

よく見ると、八つ裂き光輪の刃の部分はウルトラマンの横顔がモチーフとなっています! 細かい部分へのこだわりがたまりません! また、グリルには『TOYOTA 2000GT』のフロントグリルをオマージュしたデザインを装備しています。

ボディサイドのガーニッシュには立体的に造型したFRP樹脂製のものに、赤色のカラークリアを設定することで、全体的に”渋いオトコの魅力”を表現したデザインになっています。赤はもちろんウルトラマンの赤ですよ!
C1_image2
 
©A MAN of ULTRA

サイドには『A MAN of ULTRA』のブランドロゴが入ったピラーパネルが!
D_車サイド(ビラーパネル)
 
©A MAN of ULTRA

バックショット! こちらにも中央にエンブレムが見えます。
D1_車バック
 
©A MAN of ULTRA

マフラーカッターも渋い!
D2_車マフラーカッター
 
©A MAN of ULTRA

内装も美しいです! インテリアは上質感を求めたホワイトを基調にし、PVCレザーシートにアクセントカラーとしてレッドを挿し色としたモダンな世界観を創出。画像では見えませんが、チェック柄のシートの生地には細かく『M78×86』の文字がプリントされています。
E_車内装
 
©A MAN of ULTRA

A MAN of ULTRA×TOYOTA 86と聞いて、「体裁だけのお祭りタッグか!?」と勘ぐった人もいるかもしれませんが、このコンセプトカー『M78×86』が、本当に男が乗りたくなるかっこいいスポーツクーペに仕上がっていることを考えると、両社とも本気を出し合い、高いレベルで融合していると言えるでしょう。

先月プレゼントキャンペーンで紹介した「SAMOURAIカーフレグランス」など、『M78×86』コラボ限定アイテムも各種発表・公式サイトで販売されているので、こちらも要チェックです!

TOYOTA 86 × A MAN of ULTRA 『M78X86』(エムナナ八チハチロク)
■カラー:クリスタルブラックシリカ(D4S)
■価格:未定
■発売時期:未定
©A MAN of ULTRA
©TSUBURAYA PROD.

詳細はA MAN of ULTRA公式オンラインストアをご覧ください。

<プレゼントキャンペーン>
MISOKA ウルトラマンvsゴモラ 大阪決戦セット
F_MISOKA×ウルトラマン2本セット用箱_スリーブ_責了入稿 (1)
 
©円谷プロ

大阪・箕面で生まれた歯ブラシ「MISOKA」は、独自のナノコーティング技術を用いることで、歯磨き粉を使わなくても艶やかな磨き心地を実現。ツルツルの仕上がりになると今注目のアイテムです。
G_歯ブラシ
 
©円谷プロ

大阪と言えば、ウルトラマンとゴモラの決戦の舞台。今回のコラボでは、オリジナルパッケージもさることながら、歯ブラシ本体でも決戦の様子を表現しています。自分用としてはもちろん、ちょっと変わった大阪ギフトとしてもおススメです! (高島屋大阪店&タカシマヤオンライン限定商品)
この歯ブラシセットを3名様にプレゼント! コチラよりふるってご応募ください。(~2/10(金)までの受付になります。)

ウルトラマンvsゴモラ 大阪決戦セット
¥2,160(税込)
歯ブラシ2本セット
柄の材質:AS樹脂
毛の材質:ナイロン
柄の長さ:約18.5cm(一般成人向けサイズ)
限定生産数:3,000セット
販売公式サイトはコチラ

ライター/金山

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読