[PR]エイサーが仕掛ける極薄なニューフェイス! 快適なのは「Swift7」&「Spin7」だった!

まもなく年度末。新生活がはじまるという人も、特段の節目じゃないという人も、なにか新しい一歩を踏み出したくなる季節です。

そこで、満足のいくパソコンを探す!というのはどうでしょうか。処理速度やユーザビリティが進化したモデルはストレスを軽減してくれますし、新たなスタイルを提案するモデルもあります。47378

エイサーのニューフェイスとして登場した「Spin7」と「Swift7」も、新生活にふさわしいパソコンといえるでしょう。

 

2in1のコンバーチブルモデルの「Spin7」!

47394

「Spin7 SP714-51-F78U/F」 CPU/第7世代インテル Core i7 プロセッサー、OS/Windows 10 Home 64 ビット、バッテリー駆動時間(標準)/約8時間、14型液晶(タッチ操作対応)、サイズ/約H10.98×W324.6×D229.6mm、質量/約1.2kg Office Home & Business Premium、メーカー3年間保証、実勢価格¥200,000(税抜き)

 

47412ディスプレイを360°回転すればタブレットとして使える、2in1のコンバーチブルモデルの「Spin7」。キーボードやマウスで操作しつつ、思い立ったときには画面を直接タッチして操作するといった使い方もできます。13型級ボディに14型液晶搭載しており、大迫力の液晶を楽しめる。

 

世界最薄となる9.98mmを実現した「Swift7」!

47392

「Swift7 SF713-51-F58U/F」 CPU/第7世代インテル Core i5 プロセッサー、OS/Windows 10 Home 64 ビット、バッテリー駆動時間(標準)/約9時間、13.3型液晶、サイズ/約H9.98×W324.6×D229.6mm、質量/約1.1kg Office Home & Business Premium、メーカー3年間保証 実勢価格¥180,000(税抜き)

47404

アルミニウムの一体型ボディで成形した、薄型のスタイリッシュプレミアムノートの「Swift7」。取り外し不可のキーボードを備えたクラムシェル型において、1cmを切る極薄ボディを実現しました。スリムマチタイプのブリーフケースでも、スッポリと収められます。

 

ハードスペックだけでなくサポート体制も充実!

「Spin7」はコンバーチブルタイプ、「Swift7」はクラムシェルタイプ、どちらも極めて薄い。さらに前者は「第7世代 インテル Core i7-7Y75プロセッサー」、後者には「第7世代 インテル Core i5-7Y54プロセッサー」というハイスペックCPUを搭載しているところも特徴です。またディスプレイには、優れた強度や耐傷性で信頼を集める特殊ガラスの最新モデル、コーニング社の「ゴリラガラス5」を採用。競合に比べ落下時の耐久性は4倍といい、安心感を高めてくれます。

注目はハード面だけではありません。
WordやExcel、PowerPointといった定番アプリやオンラインストレージを利用できる「Microsoft Office Home and Business Premium」を搭載。買ってすぐに主要なPC作業を行えます。
大切なデータの保護に役立つ「データ復旧安心サービス」も標準装備し、購入日より1年間はデータ復旧に対応してくれます。「メーカー3年間保証」も心強いサポートです。

これほどの出来で20万円以下というのは、コストパフォーマンスとしてかなりのもの。春の陽気の下、これら最新モデルがあればいっそうウキウキできそうです。

 

エイサー カスタマー サービスセンター
ナビダイヤル0570-01-6868
www.acer.co.jp/smart/

 

取材・文/横山博之

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読