左右分離型、スポーツ向け……今すぐ欲しい1万円以下の一芸イヤホンはこれだ!

しばらくオーディオ業界に話題を振りまいていたハイレゾ対応モデルだけでなく、昨年にはBluetooth対応の左右分離型モデルが続々と登場するなど、ここ最近活況づいているのがイヤホン業界です。選択肢が広がってきたのはいいことですが、どのようなモデルを選ぶのがいいのでしょうか?
そこで注目の新作モデルから1万円以下の一芸イヤホンを3本ピックアップしてみました!

■1万円以下の一芸イヤホン_01
耳の穴を塞がない新感覚のイヤカフタイプ!

アンビー
アンビー サウンド イヤカフ
5,500

耳に挟んで使うイヤカフタイプ。9㎜径の高感度ダイナミックドライバーユニットを耳の裏側に備え、音導管を通じて耳穴へ向けて音を出す仕組みです。環境音を塞ぐことなく、音楽をBGM感覚で楽しめます! 外装はシリコンで装着感も柔らか。

一芸ポイント①:耳が塞がれていないから周りにもオープン!
 

イヤカフタイプのメリットは、環境音をシャットアウトすることなく、しっかり耳に届くこと。自動車や電車の音や交通機関の警告音などもわかるから、外で利用した際の安全性が高まります。

また、通常のイヤホンやヘッドホンは耳を覆うため、内の世界にこもっているようで声をかけづらいものです。しかしイヤカフタイプだと一度わかれば、コミュニケーションを取りやすいですね。

問 アンビー https://ambie.co.jp/

■1万円以下の一芸イヤホン_02
雨や汗に強く激しいスポーツにも最適!

JVC
ワイヤレスステレオヘッドセット HA-ET800BT
9,880

Bluetoothを搭載したワイヤレスモデル。防水規格IPX5で、激しいスポーツや雨天時の運動をサポートし、水洗いも可能。約17gの軽量ボディながら約9時間の長時間リスニングに対応し、運動に集中することができます!

一芸ポイント①:雨天時のスポーツも水洗いもOK!

IPX5の防水仕様を誇り、汗や雨に強いので雨天時の運動もOK。使い終わった後はそのまま水洗いすることも可能なほどで、常に清潔な状態に保っておくことができますよ。

さらに、回転させることでさまざまな耳のかたちや大きさにフィットさせられる独自のピボットモーションサポートを採用。サポート部は耳にやさしいシリコンで、装着感を高めました。

一芸ポイント②:ネックレスのように止められる! 

ハウジング部にマグネットを内蔵しており、耳から外したときはご覧のようにしてネックレス状に留めておくことが可能。いつの間にか落としてしまった!という事故を防ぐことができます。

問 JVCケンウッド カスタマーサポートセンター 0120-2727-87 

■1万円以下の一芸イヤホン_03
1万円以下なのに左右分離型を実現した高コスパモデル!

VAVA
VA-BH001 トゥルーワイヤレスイヤホン
¥9,258
     
1万円を切る価格で左右分離型を実現した完全ワイヤレスイヤホンです。フィット感に優れたインイヤーソフトゲルを採用し、長時間使用時における着け心地を向上させます。防水規格はIPX4で、運動中の汗も問題ありません! 連続音楽再生時間は約2時間です。

一芸ポイント①:左右分離型!
左右分離型とは左右のイヤホンを結ぶコードとともに、プレーヤーとの間にもコードがなく、左右が独立したワイヤレスイヤホンのことです。プレーヤーとはBluetoothで連携。

一芸ポイント②:充電は二又に分かれたUSBケーブルで!

こちらはイヤホンがぴったり入るキャリングケースです。リボンを引っ張ればイヤホンをカンタンに取り出せる構造になっています。充電は二又に分かれたUSBケーブルで左右同時に行えます。

一芸ポイント③:キャリングケースはカジュアルデザイン!

表にファブリック調素材を使ったキャリングケースは、カジュアルな雰囲気。スリムな箱状になっているのでカバンの中を圧迫しにくく、スマートに持ち運びできます。

問 eイヤホン 総合サポートセンター 0120-508-1181

お気に入りのイヤホンは見つかりましたか? お手ごろながら機能性も兼ね備える優秀イヤホンをぜひ試してみてください!

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読