鯖江の職人魂再び! ウルトラヒーローのスピリットを吹き込んだ眼鏡は、デキル男の雰囲気漂いすぎ!

様々なブランドや工房とコラボし、斬新なデザインとラインナップを世に送り出す「A MAN of ULTRA」。日常の世界にかっこいい「ウルトラな男」を創りだすコンセプチュアル・ブランドから傑作アイテムをピックアップ! 今回は、以前紹介して大反響があった眼鏡ブランドとのコラボ第二弾!
 
©A MAN of ULTRA

眼鏡の名産地である福井県鯖江市で、素材とデザインにこだわるアイウェアブランド「ブラック アイス」。そこから誕生した新ブランド「ブラック アイス レイズ」がA MAN of ULTRAとコラボしました!
レイズには「高める」という意味があり、攻めの気持ちや前向きな気持ちになれるようにというメッセージが込められています。
今モデルのコンセプトは「ウルトラセブン」。ウルトラマンシリーズの中でも大人向けといわれる世界観を眼鏡のデザインに落とし込んでいます。ウルトラアイというアイテムで変身するウルトラセブンは、鯖江の人たちにも親しみ深い存在なのかも!? モデルは大きく分けて2パターン!

 

ウルトラセブンモデルはシックで雄々しい!
 ©A MAN of ULTRA
<US-501>
レッドを基調としてサイドにシルバーを配置したことにより、ウルトラセブンのボディカラーを表現。レッドはサビに強く軽量で丈夫なチタン、シルバーは弾力性が高いβチタンを採用。多角形スクエアタイプのレンズを配置し、クールな中にも個性的な印象を残すフロントに仕上げています。


 ©A MAN of ULTRA
モダン(耳あて)の部分は、ウルトラセブンのアイコンであるアイスラッガーとウルトラアイのモチーフが立体印刷で表現されています。できる男性が振り向いた瞬間、耳の後ろにかすかにアイスラッガーが見えたらステキですよね!


 ©A MAN of ULTRA
<US-502>
シックなブラックをベースに、フロントサイドにはウルトラセブンをイメージしたレッドのβチタン製メタルパーツを使用。フレームのタイプは1か所でレンズを留める、カールトンブローワンポイントタイプ。目じりに向かって吊り上った力強いデザインです。 
©A MAN of ULTRA
プラスチックテンプルサイド(つる)にはアイスラッガー、モダン(耳あて)の部分にはウルトラモチーフのデザインを立体印刷で表現しています。なめらかなデザインがウルトラセブンの艶やかさを表現していると思うのは深読みしすぎでしょうか。それほどにかっこいい!

 


©A MAN of ULTRA
<US-505>
フロントは多角形スクエアタイプのセルフレーム(アセテート)。シックなブラックをベースに、ウルトラセブンを意識したレッドのメタルパーツが映えます。このメタルパーツは弾力性に優れたβチタンが使われ、表面にはA MAN of ULTRAのロゴをプリント。ただ赤くするだけじゃ面白くないというこだわりが伺えます。


 ©A MAN of ULTRA
モダン(耳あて)やテンプル(つる)のディテールにはアイスラッガーとウルトラアイモチーフのデザインを立体印刷で表現しています

 

ウルトラ怪獣モデルはクールさと大人の風格がちょうどいい!
©A MAN of ULTRA
<US-503>
 このモデルのデザインモチーフがわかりますか? そう! 『ウルトラセブン』14、15話に登場する宇宙ロボット キングジョーです!
キングジョーのカラーリングをイメージしたアンティークゴールドをベースに、サイドのチタン製パーツをメタリックゴールドにしたのがアクセント。キリッとしたスクエアタイプのレンズにマッチしています。


 ©A MAN of ULTRA
モダン(耳あて)には立体印刷によって、キングジョーの特徴的な腰回りのパーツを表現しているほか、フロントリム(レンズフレーム)の正面には黒の七宝を焼きつけ、キングジョーの胸元をイメージしています。

 

 
©A MAN of ULTRA
<US-504>
テンプルのデザインで一目瞭然でしょう! モチーフは『ウルトラセブン』3話に登場する宇宙怪獣 エレキング! フロントカラーはシルバー、フロントサイドからテンプル(つる)にかけてはアンティークシルバーとなっており、どこか無機質感が漂います。レンズの上にのみフレームのあるカールトンブローナイロールタイプの力強さがより強調されている感じ。こちらもフロントサイドパーツに弾力性に優れたβチタンを使用。


 ©A MAN of ULTRA
テンプル(つる)にはエレキングのボディの模様を、モダン(耳あて)にはエレキングの角がモチーフのデザインを、立体印刷で表現しています。


 ©A MAN of ULTRA
<US-506>
このモデルのモチーフも宇宙怪獣 エレキング。ホワイトをベースに、テンプルメタル部には弾力性に優れたβチタンが使われ、その表面にはA MAN of ULTRAのロゴをプリント。カラーのチョイスがエレキングのイメージピッタリ。ウェリントンタイプのセルフレーム(アセテート)もどこかエレキングっぽくてオシャレです

©A MAN of ULTRA
セルテンプル(つる)表面には、エレキングのボディの模様と、角がモチーフのデザインを立体印刷で表現しています。

各モデルとも、ブルーライトカットのレンズを標準搭載しているので、仕事でPCを長時間操作する方にもおすすめ。デザインと機能性を備えた1本は、身に着けるだけで自分の士気を上げてくれるでしょう!

各モデルともレンズ交換が可能。度入りのレンズに変更する場合は、購入後お近くの眼鏡店でご相談ください。

<BLACK ICE Raise>
US-501(ウルトラセブン)
¥32,000+税
US-502(ウルトラセブン)
¥32,000+税
US-503(キングジョー)
¥32,000+税
US-504(エレキング)
¥32,000+税
US-505(ウルトラセブン
¥30,000+税
US-506(エレキング)
¥30,000+税

付属品:ケース、セリート、化粧箱
レンズ:ブルーライトカットレンズ(日本製)
原産国:日本(福井県鯖江)
製造:青山眼鏡
※各モデル30本の完全数量限定。

購入はA MAN of ULTRA公式オンラインストアより

<プレゼントキャンペーン>
Flame Zero×A MAN of ULTRA USB電子ライターFOA-BK(ウルトラな男)


 ©A MAN of ULTRA

1940年の創業時から、手作業で1つずつ再充填式のライターを作り続ける喫煙具メーカー・サロメ。その電子ライターブランドFlame ZeroとA MAN of ULTRAがコラボしました。USBポートから充電し、電気で着火するシガレット用電子ライター。


 ©A MAN of ULTRA
デザインはウルトラな男の後ろ姿。背負うものがある男の渋く広い背中がたまりません!

付属のUSBケーブルでPCに接続し約3時間前後の充電で、約200回の着火が可能。リチウム電池なので繰り返し充電して使用できます。タバコ以外に線香やお灸の着火にも使用できます。コイル部分にタバコを近づけて着火させるため風の影響を受けず、アウトドアに最適です。
この電子ライターを2名様にプレゼント! コチラよりふるってご応募ください。(~4/14(金)までの受付になります。)

・・・ちなみに、この電子ライターはエレキングデザインもあります。

 ©A MAN of ULTRA
興味のある方は、A MAN of ULTRA公式オンラインストアで、Flame Zero×A MAN of ULTRA USB電子ライターFOA-BK(エレキング) をご覧ください。(こちらはプレゼントではございません。ご注意ください)

Flame Zero×A MAN of ULTRA USB電子ライターFOA-BK(ウルトラな男)
¥3,400+税
【付属品】
・USBケーブル(15cm)
・説明書
・ボックスケース

素材:プラスチック
サイズ:H72mm x W28mm x D15.5mm
重さ:約27g
原産国:中国

ライター/金山

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読