スマホでドローンの操縦をマスターできる「DRONE STAR」

先日、都内某所にて、ドローンの操縦を練習できる
操作アプリと、小型ドローンのDRONE STARの発表会がありました。

DRONE STARは、スマートフォン用アプリで
ドローンの操縦の仕方を覚え、
ドローン操縦者の教育を目的としています。

超小型ドローンのDRONE STAR 01を使って
実際にドローンを操縦しながら、ドローンの基礎を学ぶことができます。

DRONE STAR 01は
機体重量がわずか18gの超軽量モデルで、
いわゆる200g未満のドローン規制対象外となるドローンです。

なので、基本的にはどこで飛ばしても
許可を取る必要がないので
手軽に楽しむことができます。

ただ、軽量故に風の影響を大きく受けてしまうので
室内で楽しむのがオススメです。

ドローンは自動制御により、その場に居続けるホバリングに定評があるのですが
小型であったり、格安であったりする場合は、
その制御機能が搭載していなかったりします。

このDRONE STAR 01も位置情報を確認する機能がないので
空中で制御するのは、操縦者次第となります。

そういう意味では、本格的なドローンよりも
操縦がシビアで難易度が高いものとなっていますが
それだからこそ、操縦の腕を上げることができる感じです。

なんていうか、マニュアル車の教習を受けている感じでしょうか。

操縦自体は離陸や着陸がボタンひとつで行えるようになっていたり、
簡易化している部分もあるので、ドローンやラジコン初心者でも手が出せます。

アプリでは、教則的な内容やテスト形式でテクニックの身につき具合を確認したり
友達と点数が競えるミニゲーム、そして搭載したカメラ視点で操縦するFPVモードなど
さまざまなモードを用意しています。

DRONE STARアプリはiOS、Androidともに無料で
DRONE STAR 01は¥15000(税込)で、専用サイトで販売予約を受け付けています。

現時点では、先行予約分は完売しており、
第二次予約分の受け付けをしています。
第二次予約分は5月中旬以降の受け渡しとなるようです。


DRONE STAR 01です。(スマホは別売り)


手のひらにすっぽりと収まってしまう超小型ボディです。


DRONE STARアプリで、操縦の仕方やテクニックを覚えます。


操縦の仕方を覚えたら検定を受け、目的に合わせた操縦ができるかを試します。


FPVモードでは、リアルタイムで送られてくるカメラの映像を見ながら操縦できます。


すでに先行分は完売しています。


発表会場で実際に操縦してきました。


基本的なテストでしたが、なんとか合格できました。

(ライター/岡安学)

DRONE STARホームページ

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読