第3回 JAIA輸入二輪車試乗会に行ってみた! 前編

憧れの輸入二輪車が一同に会した試乗会が神奈川県大磯ロングビーチで開催された。大型二輪車免許をとったばかりのモデル・タカシ、編集・高田、スタイリスト・栃木の3人は、嬉々として試乗会に参加。
乗り心地、走りのチェックはもちろん今後の愛車探し!?も兼ねて、色々なバイクに乗ってきた!

 

 

 

会場には、BMW・Can-Am・Ducati・Harley-Davidson・KTM・KYMCO・MOTO GUZZI・Vespa・aprilia・ROADHOPPER・TRIUMPH・Indianの
12メーカーが最新のバイクを展示。

 

受付を済まし、早速1台目のバイクに乗車。

 

タカシが乗ったのは、無駄を排したソリッドデザインが魅力のヘリテージモデル。扱いやすさと楽しさを兼ね備えた走りに興奮気味の様子!

BMW「R nineT Scrambler」
総排気量/1,169cc メーカー希望小売価格/1,765,000円(税込み)

 

高田は、世界初のスノーモービルを発明したBRP社の三輪モーターサイクル。安定した走りと簡単に操作できるトランクションコントロールに驚きながら、快走していた。

Can-Am Spyder「F3-S」
総排気量/1,330cc メーカー希望小売価格/2,570,000円(税込み)

 

栃木はオンロードはもちろん、オフロードでも高い走破性を誇るアドベンチャーモデル。高い車高に少々戸惑ったが、道路状況を把握しやすい利点もあった。

BMW「F 800 GS」
総排気量/798cc メーカー希望小売価格/1,555,000円(税込み)

 

2台目にタカシが選んだのは、フルカスタムバイクが起源となっているZERO ENGINEERINGのクラシックなアメリカンタイプ。
アクの強い見た目とは裏腹に意外と乗りやすさいと、タカシも大満足!

ROAD HOPPER「TYPE9 EVO」
総排気量/1,337cc メーカー希望小売価格/3,402,000円(税込み)

 

高田の2台目は、アメリカンタイプの中でも乗りやすいと評判のインディアン。「ゆったりしたクルーズするのにぴったり。」と高評価!

Indian「Scout」
総排気量/1,130cc メーカー希望小売価格/1,98,000円〜(税込み)

 

栃木は、映画によく登場するドゥカティのバイクに大興奮!
獰猛なほどのパワーと加速に終始圧倒されっぱなしだった。。(笑)

DUCATI「Monster 1200 S」
総排気量/1,198cc メーカー希望小売価格/2,015,000円(税込み)

 

HARLEY-DAVIDSON、TRIUMPHといった人気車種の試乗レポートは、
後編に続く!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読