アウトドアスマートウォッチ「PRO TREK Smart」がカヤックで大活躍!

これからの季節、山や海、川などでのアウトドアスポーツを楽しんでみたい、そう考えている人も多いのではないでしょうか。これらのアウトドアスポーツを楽しむ上で是非用意したいのが便利な装備です。例えば、アウトドア用のウォッチにはGPSを内蔵し、位置情報を正確に取得したり、気圧/高度センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位(磁気)センサーなどを搭載し、それらによって得た情報を記録して、様々な形で利用することができます

 なかでも注目なのがアウトドア用のスマートウォッチ。今年4月にカシオから発売された「PRO TREK Smart」シリーズは、アウトドアファンから人気のあるPROTREKシリーズのスマートウォッチ版です。

 OSにAndroidを搭載し、ウォッチフェイスを自由に変更したり、スマートフォンと連携することができます。特徴はスマートフォンとつながっていないオフライン時でも使えるカラーマップ機能を搭載すること。地図を事前にダウンロードしておけば、ウォッチ横のボタンを押すだけで地図を表示でき、その上にGPSにより取得した位置情報や移動データが記録できるというわけ。 また、同社のデジタルカメラFRシリーズとの連携機能も搭載。ボタンを押すだけで写真撮影も可能です

 今回、「PRO TREK Smart」を実際に経験すべく、カシオ主催のアウトドアイベントに参加しました。それが「パドルクエストスカイツリーカヤックツアー」です。これは、東京・江東区にある大嶋小松川公園側からカヤックに乗って、東京の河川をぐるっと1周しようというもの。リバーカヤックとは言え、水の上を進む以上、スマートフォン等はあまり出しておけません。そこでプロトレックスマートが活躍するという訳です。

「PRO TREK Smart」を装着してみました。フェイスは大きめですが非常に軽く感じます。5気圧防水対応とと米軍の調達基準である、MILスペックに準拠しているため、川のうえでも安心です。また、事前にカヤックで走行するエリアの地図をインストールしてあるため、いちいちスマートフォンを取り出さなくても、現在地を確認することができます。

また、フリースタイルで使えるデジタルカメラ「EX-FR100」とも連携が可能。ウォッチの画面上でシーンを確認しながら撮影ができます。

「EX-FR100」はカメラ部のみ使用します。今回はライフジャケットの胸の部分に固定しました。あとは「PRO TREK Smart」の操作で撮影ができる。

今回乗るのはタンデムのカヤック。著者は初めてだったので、乗り込む前に1連の操作やパドルの動かし方などを習いました。

「PRO TREK Smart」ではアクティビティアプリでカヤックモードをセットすると速度などを計測してくれます。

こちらが地図アプリ「ロケーションメモリー」画面。GPSと連動して現在地を表示したり、軌跡を記録する他、地点のメモが可能です。今回は、スマートフォンとの連携なしで使うため、事前にダウンロードしておいた地図を表示しています。

カヤックに乗って川に出たところでパドル操作などをおさらい。準備が整ったらスタートです。

道中では定期的に「PRO TREK Smart」をチェック。自分がどれぐらい進んだのか確認ができました。また、デジタルカメラでの撮影も行っています。スマートフォンやデジタルカメラが濡れる心配をしなくて済むのは本当に快適でした

ゆっくりと川を進んで行きます。だんだんとパドル操作にも慣れ、カヤックの楽しさが。わかってきた気がしました。普段とはまた違った風景が見られるのがカヤックならではです。

川をひたすら進みながら、定期的に地図をチェックしています。ボタン操作で地図の縮尺を変えられるため、現在地が把握でき、不安になることもありませんでした。

川の交差点にかかる小名木川クローバー橋を右に曲がり北上していきます。目的地である東京スカイツリーはもうすぐです。

だんだん疲れてきますが、川岸からの応援や心地良い風などが背中を押してくれます。無心にパドルを動かしつづけます。

出発から約2時間、とうとう、目的地に到着しました。星マークがロケーションメモリーでメモした地点です。

そう!東京スカイツリー!川面からはこんな風に見えるんですね。

2時間かけてたどり着きましたが、当然スタート地点に戻らないといけません。運動不足の体が悲鳴をあげていましたが、ちょうど桜が綺麗な季節だったので、川面から桜の風景を楽しみながらゆっくり戻りました。

そしてゴールです。今回の走行ルートはこんな感じ。トータル10キロほどのコースでした。初めてカヤックに乗る著者には、なかなかの長いコースでしたが、初心者向けのもう少し短く楽しめるコースがあるそうです。

そして「PRO TREK Smart」は初めてのカヤックの友として、大活躍してくれました。現在地を確認できる安心感、気軽に写真が撮れる便利さを今回のツアーで体感することができました。

アクティビティアプリではカヤック以外にも、トレッキングやサイクリング、釣りなどの、さまざまな数値を計測することができます。またこのほか様々なアウトドアアプリを用意しているとのこと。

「PRO TREK Smart」がアウトドアスポーツを楽しむ上で大活躍してくれることは間違いなさそうです。

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読