デジタルと融合したチェキ、SQ10が登場!

富士フイルムよりチェキの新モデル、instax SQUARE SQ10が発表され
すでに発売が開始されています。

SQ10はチェキ史上初となるデジタルイメージセンサーを採用し、
背面には液晶ディスプレイを搭載したデジカメライクの仕様になっています。

ただ、今までのチェキと同様に、その場でプリントすることができるので
デジカメとチェキにハイブリッドカメラと言った感じです。

これまでのチェキは撮影した瞬間に印刷が開始されていましたが
SQ10では、撮影したのち、プリントするかどうかを選ぶことができます。

また、撮影した写真は背面の液晶モニターで確認ができ、
10種類のフィルターと明るさ調整とビネットを使い、
写真を加工することもできます。

他にも二重露光撮影やシャッター速度を極端に遅くするバルブ撮影なども楽しめます。

写真の画角にもこだわっており、
SQ10のサイズは正方形のスクエアサイズ。
インスタグラムなどで人気の高い正方形を採用しております。

またデジカメでもあるので、撮影したデータは
microSDカードに保存することができます。

1枚しか撮影できないチェキと違い、
SDカードに保存しておけば、後から何枚でもプリントできるわけです。

デジカメとチェキの良いとこ取りなので
すぐにプリントしたい! でもデータでも残したい!
と、思っていた人には、まさに待ってましたの一台ですよ。


ラインナップが拡充され、目的に合わせたチェキが選べます。


インスタグラムに慣れ親しんだ人には見慣れた写真サイズのスクエアフォーマット。


画質も大幅にアップしております。


撮影後、フィルターで加工してからプリントができます。


見た目はちょっと渋めのチェキです。


背面には液晶モニターが搭載されています。


microSDカードに写真データを保存できます。またmicroUSBで充電も可能。


電池はデジカメで使われている汎用的な電池を使用しています。

(ライター/岡安学)

instax SQUARE SQ10スペシャルサイト

富士フイルムホームページ

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読