Appleのイベントで発表された新型iPad ProやiMac Pro、噂のスピーカーなど総まとめ!

6月5日10時(日本時間6月6日2時)、カリフォルニア州サンノゼで、アップルの世界開発者会議「WWDC 2017」が開催されました。もともとこのイベントはアプリ開発者等に向けたもののため、iOSなどソフトウエアに関する話題が中心です。しかし今年は近年稀にみるほどに、多くの新製品が発表されました。そこで注目度順に、発表内容紹介していきましょう。

1. 10.5インチに画面が大きくなったiPad Pro

やはり、大きく話題を決めたのは、これまでの9.7インチから10.5インチに画面が大きくなったiPad Proです。
本体サイズもわずかに大きくはなっていますが比べて分かるレベルでほとんど同じサイズといえます。このサイズになったことにより画面にもフルサイズのキーボードが表示出るようになったとのことです。

また新型iPad Proでは新たにTrue Toneディスプレイを採用。リフレッシュレートが120Hzへと高速化しており、これまでよりもなめらかに映像を映し出せるほか、Apple Pencilの感度もアップしている。

また、注目なのが新たにJIS配列に対応したSmartKeyboardを用意したこと。カナ入力を利用している人にも使いやすくなりました。メモリ容量は64/256/512GBの3種類。すでにアップルのサイトなどで発売が始まっています。

2.驚きの高性能を搭載するiMac Pro誕生

続いて話題を集めたのがグレーのボディーを採用した新型モデルiMac Proです。これはいわばMac Proの後に続くプロフェッショナル向けのハイエンドMac。最高で18コアのCPUや128GBのメモリ、4TB SSDの搭載に対応する驚きの性能。27インチディスプレイは5K表示対応で、さらに2台の5Kディスプレイに画面を出力できます。


また、通常のiMacも同時にアップデート。CPUは最新の第7世代(Kaby Lake)Coreプロセッサを搭載し、最大メモリ搭載量も増加しています。また、GPUやストレージも強化。ディスプレイが約43%明るくなった点も見逃せません。


同様にノート型のMacBook ProやMacBook Air、MacBookも第7世代(Kaby Lake)Coreプロセッサを搭載する形でアップデートされています。

3.ついに登場したSiriスピーカー「HomePod」

そして最後がネットワークスピーカーの「HomePod」です。部屋のどこからでも話しかけてApple Musicの、音楽を再生したり、HomeKit経由で各種家電を操作することができます。

じつは、北米では同様のスマートスピーカーがアマゾンやGoogleから発売されており、アップルからの登場も期待されてきました。
「HomePod」は単なるスマートスピーカーではなく、iPhone 6にも搭載されていた高性能プロセッサ「A8」を採用しています。また、本体内部にはビームフォーミングに対応した7つのツィーターを内蔵。設置した場所や空間を認識して、それぞれが指向性のある音を再現し、広がりのある最適なサウンドを生み出すことができます。
ただし、残念ながら発売は12月でアメリカ、イギリス、オーストラリアが対象。日本市場はしばらくお預けのようです。

この他にも、WWDC 2017では、Apple TVやApple Watchの新機能追加や、「MacOS High Sierra」や「iOS11」が発表されました。

なかでもiOS11では、iPad向けの機能が大幅に強化され、ファイル管理機能が追加されるなど、ノート型のように利用できるようになる予定です。現時点では開発者向けの公開となっており、秋頃に一般ユーザーも、ダウンロードできるようになります。
また、カメラを使った拡張現実を手軽に実現するためのAR KitやVRコンテンツを製作するためのツールなども公開されています。今後、アップルによる様々な展開が期待できそうです。

ライター/コヤマタカヒロ
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読