デザインで一目置かれるなら! レトロフューチャー顔 の『アマダナミュージック ラジオ』!

 ラジオ離れの傾向が見られる今だからこそ、この個性と存在感に目を奪われたと語る三陽商会の姉川輝天さん。今月レコメンドするデジモノは『アマダナミュージック ラジオ』。独自のデザインセンスで注目を集める日本の家電ブランド<アマダナ>とレコード会社<ユニバーサルミュージック>がコラボして起ち上げた新ブランド<アマダナミュージック>がリリースするパーソナルラジオです。

「いまどきラジオに特化したプロダクツという潔さが面白い。レトロ顔だけれど未来を感じさせるデザインバランスも魅力。男心をくすぐるルックスだと思いませんか? どんなインテリアにも調和し、ワークデスクに置いてもサマになる。片手で持てるサイズ感もちょうどいい」とベタ褒めです。

ハンディサイズなので持ち運びもしやすい。Bluetoothに対応しているので、ワイヤレススピーカーとしても使えます。

ウッドパネルに45mmのモノラルスピーカーを搭載しただけのシンプルな仕様はもはや衝撃レベル。機能的に見てもラジオとしてはいたってアナログです。

「しかし所有することに価値を感じるモノってありますよね。このラジオはまさにそれ。モノから入っていって、ラジオを聴くカルチャーが根付けば、それもまた素晴らしいと思います」

とはいえデジモノたるディテールも控えめながら盛り込まれています。Bluetoothに対応しているので、ワイヤレススピーカーとしての使用も可能。スマホの音源を出力するなど使い方はアイデア次第で広がります。

サイドにはスマホ充電用USB端子(1A)が2つ。スマホとつないでスマホ内の音源も出力できます。

 さらにスマホ充電用のUSB端子も搭載。本体を平置きすれば、空きスペースにスマホが設置できるので、ラジオを聴きながらスマホの充電もできちゃいます。またスマホと連動する目覚まし機能付きクロックも付いているので、好きな音楽で起床するなんてこともできます。

「決して多機能とはいえませんが、わずか1万5000円でライフスタイルにほどよいスパイスを与えてくれる存在。今は動画や映像が主役の時代ですが、耳で聴くラジオも刺激的で楽しいので、みなさんもっとラジオを聴きましょう!」

平置きし、空いたスペースにはスマホがぴったりと乗る。充電用USB端子につなげば、充電しながらラジオが聴けます。

Amadana Music

アマダナミュージック ラジオ

¥15,000

問amadanaお客様サポートセンター

☎03-6861-8657

JFL(FM局ネットワーク)が、アマダナ×ユニバーサルミュージック共同プロジェクト「アマダナミュージック」とタッグを組んで製品化。ワイド対応のFMチューナー、45mm径のモノラルスピーカーを搭載。W222×D94×H50mm

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読