【初心者でも簡単調理!】ボリューム満点! 男の肉つまみ講座! 第5弾「ジャーマン“メタル”ポテト」の回

仕事から疲れて帰ってきても、短時間&手間いらずで簡単に作れる酒のつまみをご紹介する連載第5弾!

今回のお酒は…

サントリー ザ・プレミアム・モルツ

 

“ビールの神様”山本隆三氏が10年を賭して完成させたスルピナータイプのプレミアムビール。高品質欧州産アロマホップ100%、粒選り麦芽100%、天然水100%で醸造。2012年にはダイヤモンド麦芽を加え、より一層のコクと旨味を実現した。350ml  実勢価格\225 (2016年11月編集部調べ)

問サントリーお客様センター☎0120-139-310

そんなザ・プレミアム・モルツに合う肉つまみ、決め手はひと回しの醤油!香り&塩味が酒を進める「ジャーマン“メタル”ポテト」をご紹介します♪

ジャーマン“メタル”ポテト

心を満たすアロマホップの華やかな香りと、心地よい刺激と切れの良さ、そして深い味わい。ピルスナーの本場も認めた至福の1本に見合うのは、やっぱりビールの本場ドイツの一皿だ! というわけで、今回の肉つまみはジャーマンポテト。さらにヤスナリオ流の和のひとサジによって、メロディアスなドイツ流メタルサウンドよろしく、日本人好みの極上ピルスナーと渾然一体。まろやかな味わいを堪能させてくれるんだからたまらない。これぞマリアージュの極み!

材料

材料費 約\400

ジャガイモ/2個

ソーセージ/4本

玉ねぎ/1/4個

マスタード/大さじ1杯

バター/20g

塩コショウ/適量

醤油/ひと回し

STEP1 芋の吹かしはレンジで時短!

水洗いしたジャガイモは水を切り、ラップに包んで電子レンジへ。竹串がスッと通るまで熱を入れたら、皮むきを。ジャガイモは四等分、玉ねぎはくし型切り、ソーセージは2等分して中火で炒める。

STEP2 ジャガイモは焼き色玉ねぎはしんなりが目安

具材に火が通ったら、塩コショウ、バターの順にフライパンに投入して味付けを。ジャガイモは水分をよく吸うため、バターは20gとやや多めがおすすめ。バターが全体に絡んだら、マスタードの出番。

STEP3 仕上げは醤油をぐるりとひと回し

マスタードが全体に行き渡ったら、いよいよ仕上げ。ドイツ料理にあえて醤油を使って、和の風味をプラスする。分量は香りつけのイメージで、醤油を熱したプライパンの壁伝いにサッとひと回し!

完成 こんなに簡単に美味しい肉つまみができました!

「ジャガイモは大ぶりのまま、ひとくちで。そのために切った“メタル”ポテトですからね。それを一気に流し込む」。マスタードとバターが強い苦味をまろやかに落ち着かせて、味わいを一層深めてくれる。「モルツが恋しくなる味ですね!」

編集部/山﨑

 

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読