[PR]ビクトリノックスのバックパックは価格以上の価値ある"超"傑作モノだった!

2017/08/10

多彩な収納性&充実の機能でユーザー本位に使いこなせる!

妥協のない品質を追求し続けているスイスブランドのビクトリノックス。そのバックパックシリーズ「アルトモント」は、驚くほどの機能を備えた傑作モノでした。

 

ビクトリノックス「アルトモント プロフェッショナル フリップトップ ラップトップ バックパック」¥14,000(税抜) 容量約22L。約W28×H45×D20cm

マルチツールで完成された"見た目以上に高機能"なDNAは、着実に受け継がれているようです。

ビクトリノックスで展開されているバックパック「アルトモント」の「プロフェッショナル」シリーズは、そのシンプル&モダンな見た目に反し、目を見張るような多彩な機能性を有しているのが特徴です。PCスリーブやサイドポケットといったおなじみの機能をはじめ、着脱可能なオーガナイザーやトローリーにセットアップできるキャリーバー機能など、トラベルシーンにも役立つ機能を搭載しています。さらにはボトルオープナーを付属するなど、マルチツール由来の機能も備えているところも個性的です。

生地にはバリスティック織のポリエステルが使われ、耐久性があるうえ軽量性にも優れているので、毎日の利用による負担を軽減してくれます。

 

なぜ価格以上の価値ある傑作モノなのか? 6つのポイントから解説!

それでは、バッグの中身をじっくり見ていきましょう。

バッグの基本となるメイン収納部は、ラウンドファスナー仕様。コの字になった上部だけを開いて、荷物を取り出すこともできますし、ご覧の通りガバッと大きく開けることも可能です。

ここからは、6つの機能的なディテールをピックアップ。

(1)安心のPCスリーブ搭載

15.4インチノートPCと10インチタブレット、それぞれを収納できるスリーブを背面に装備。全面起毛生地を使っているので、筐体に細かなキズがつくのを防ぎます。

(2)取り外しもできる万能小物入れ

フラップ裏に設置されたオーガナイザーポケットは取り外しができるので、それだけ持ち歩くことも可能。ポケットの形状も多彩で、さまざまな小物をまとめられます。

(3)ペットボトルや傘もラクラク収納

サイドポケットはササマチ付きで、折りたたみ傘やペットボトルなども収納できます。腕を回せば、背負った状態でもモノを取り出せる位置です。

(4)トローリーともドッキング可能

キャリーバーを通せるループを備え、トローリーケースにセットアップ可能。普段はバックパネルの一部となり、通常通り使用できます。

(5)ボトルオープナーを完備

サイドポケット内に、マイナスドライバー&ボトルオープナーを装備。「目的地について喉を潤したいのに、栓抜きがない!」なんて事態を防げます。

(6)小物をまとめられるトップポケット

アウトドア系バックパックでおなじみのトップポケットを採用。メッシュポケットで仕分けでき、頻繁に出し入れする小物の収納に最適です。

オフシーンはもちろん、ジャケットを羽織ったオンシーンでも遜色なし。機能美を宿していることで、どちらのシーンでもスタリッシュにキマリます。

 

これほどのクオリティでありながら、1万4000円(税抜)という価格を実現した点も驚き。マルチツール同様、便利さを知ったら手放せなくなる代物になるに違いありません。

 

ビクトリノックス・ジャパン
03-3796-0951
www.victorinox.com

商品の購入はコチラ

 

取材・文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読