激アツ商戦に大物参入!Ankerが「スマートスピーカー」分野への参入を決定!

アメリカで話題沸騰の「eufy Genie」が日本でも手に入る!?

モバイルバッテリーで不動の地位を築き上げたAnkerが、スマートスピーカー分野に本格参入することを正式発表しました。

この「eufy Genie」がそのひとつ。Amazon Alexaを搭載し、音楽再生やスマート家電の操作など、多彩なスキルを利用することができます。

この最新ガジェットが自宅にあると、毎日の生活はいったいどうなるのか? 公式サイトにあるプロモ映像からイメージしてみましょう。

「アレクサ、コーヒーマシンのスイッチを入れて」

──OK!

そして淹れたてのコーヒーが……

「アレクサ、掃除してくれる?」

──わかりました!

さっそうと現れるロボット掃除機。

「アレクサ、僕の明日の予定って何があったっけ?」

──あなたの結婚記念日ですよ。

なんだって?(動揺)

「アレクサ、ケーキのカロリーっていくつだろう?」

──ケーキ100gに358キロカロリーが含まれています。

……。

「アレクサ、今日の天気は?」

──99%雨になります。

(日焼け止めクリームいらなかったか……)

 

AIを駆使し、適切な回答を導き出してくれるのが「スマートスピーカー」の魅力です。わずか数秒の応答速度を設定して開発されており、答えを待たされる感覚がないこともヒットの理由になりました。ホームネットワークに接続されたコーヒーメーカーやロボット掃除機をコントロールする司令塔としての役割も果たします。

音量出力は2Wモノラル。Bluetooth機能もないことから高品質な音楽再生は得意としていませんが、アルミニウム合金ドライバーの採用により、サイズ以上にクリアな「声」を聞かせてくれます。手のひらサイズのコンパクトさで、どこにおいても邪魔にならないのもいいところです。

なによりもうれしいのが、気軽に手を出せる価格です。実はこの「eufy Genie」、本国アメリカでは8月16日から発売されており、多くのメディアから好評価を得ているのですが、わずか$29.70(2017年9月1日現在、円換算約¥3,300)という価格もヒットの要因でした。

まずは「スマートスピーカー」を体験してみたい、というエントリーモデルとして強力なモデルになるはずです。

 

音楽再生機能を重視するなら、新ブランドZoloのAmazon Alexa対応スマートスピーカー!

「どうせなら音楽スピーカーとしても役立ってほしい」と考える人は、ZoloのAmazon Alexa対応スマートスピーカーにも期待。

写真はバッテリー非内蔵モデルで、5Wモノラルスピーカー搭載。Bluetooth 4.2対応です。

背を高くした分、約8時間駆動するバッテリーを内蔵させたモデルも用意されています。そちらは6W×2のステレオスピーカー搭載でBluetooth 4.2対応。さらにIPX5の防水性能も付いているため、庭やバスルームに持ち出しての使用もできます。

 

ちなみにAnkerグループの日本法人であるアンカー・ジャパンは、製品と同時に事業の新体制も発表しました。これまで国内で展開していたブランド「Anker」「eufy」に、今回から「Zolo」が加わります。

「Anker」は引き続き同社のコア事業であるモバイルバッテリーを中心とした、モバイルライフのパートナーとなる製品をリリース。

これまで掃除機や加湿器を展開していた「eufy」は、ここにご紹介したスマートスピーカーを含めたスマートホームブランドへと進化。

新たに加わった「Zolo」はスマートオーディオブランドに位置づけられ、音楽機能にも優れたスマートスピーカーや、完全ワイヤレスイヤホンなどを展開します。

 

家庭内IoTを加速させる機器として、欧米ではすでに大ヒットを記録している「スマートスピーカー」。ここ日本では、長らく指をくわえて眺めるしかありませんでした。

Ankerの「スマートスピーカー」も、いま時点での日本発売は未定ですが、遠くない将来での登場を期待したいところです。

 

アンカー カスタマーサポート
03-4455-7823
https://jp.anker.com/

 

取材・文・撮影/横山博之 写真提供/Anker

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読