[PR]ビジネスマンのリアルな声に応えた!「オフィスプレス トレッキング」が最強な通勤用自転車である理由

「スーツやジャケパンスタイルでの乗車」に適応!

日本最大規模の大型自転車専門店サイクルベースあさひから、ビジネスマンのニーズに応えるオリジナルモデル「オフィスプレス トレッキング」が発売されます。

サイクルベースあさひ「オフィスプレス トレッキング」¥25,980(税込)

2011年に大震災来、利用者が急増しているといわれる自転車通勤。それにともない、自転車への注目度や健康意識も高まりつつあります。

名だたるブランドのロードバイクやクロスバイクを知って、購入した人も多いでしょう。しかし、実際に使ってみてわかるのが、通勤用自転車としてはハードルが低くないということ。純粋に走りを追求した機能やスタイルは魅力的なのですが、日常的に活用するツールとしては物足りなさや不便さがあるのも事実でした。その主たる原因は、「スーツやジャケパンスタイルでの乗車」に適応できていないことです。

「オフィスプレス トレッキング」は、7段変速採用の優れた走行性能を誇りながら、ビジネスシーンに役立つ機能を備えることで、こうしたマイナス面を払拭しています。

 

ビジネスマンのことを考え尽くした魅惑のディテール!

  

たとえば特徴的なのが、この幅広バスケット。A4ファイル対応のビジネスバッグも、横置きですんなり収納できます。多くのバスケットでは、バッグを横に寝かせて突っ込むしかなく、中身が散乱してしまうものでした。ボルトの出っ張りもなく、バッグにキズを付けることもありません。

それにバスケットのないスポーツ自転車の場合、自らの背中に背負うバックパックや3WAYブリーフしか選択肢がありませんでしたが、これならどんなビジネスバッグにも対応できます。

一般的なスポーツ自転車との大きな違いとなるのが、このチェーンケースの採用でしょう。美観を崩さないハーフクリア素材のケースで、チェーンをカバー。スラックスの裾を巻き込まなくなるので、面ファスナーテープで右足の裾を縛る手間がいりません。

スーツに汚れを着けないという意味では、こちらも重要です。前後両輪に泥除けを装備。広範囲をしっかりカバーしているので、雨や泥の跳ね上げを強力に抑制します。スタイリッシュな見た目を損なわせないデザインもポイントです。

後輪に頑丈なロックを採用。別売のチェーンロックだと走行中の運搬や施錠が手間ですが、これなら忙しい朝でもワンタッチで施錠できてスムーズです。

このほかにも、夜道を明るく照らすLEDダイナモライトや、ビジネスシューズでも滑りにくいノンスリップペダルも採用。ビジネスマンの要望を細かな部分まで拾い上げた一台なんです。

カラーはグロスブラック、パールホワイト、マットオーシャン、オレンジ、グリーンの5色。サイズは430mm(~165cm)、480mm(~175cm)、530mm(~185cm)の3種類です。

 

スポーツ性能を求める人にはもうひとつの選択肢も!

さらなるスポーツ性能を求める人には、「オフィスプレス スポーツ」という選択肢も用意されています。

サイクルベースあさひ「オフィスプレス スポーツ」¥39,980(税込)

「オフィスプレス トレッキング」同様に幅広のバスケットやチェーンケース、泥除けなどを備えながらも、軽量なアルミ素材走行性に重きをおいたフレーム設計21段変速など、より走りに注力したつくりになっています。

こちらはシルバー、ブラック、オレンジの3色。サイズは165cm~の1種類です。

 

「もう満員電車で疲弊するのはイヤだ……!」と心の奥底で叫びながら、なかなか自転車通勤に手を出せなかった人にも、より通勤に適した自転車を求めていた人にも、魅力的な自転車となるはずです。

 

あさひ
0120-177-319
http://www.cb-asahi.co.jp/officepress/

 

取材・文/横山博之 写真提供/あさひ

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読