[PR]村上春樹が、星野源が、アレの作り方を綴る! 珠玉のパロディー本が話題です!【新作も読めます】

2017/09/12

「もしMonoMaxがカップ焼きそばの作り方を書いたら」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目利きが選んだ!
使ってよかった! カップ焼きそばグランプリ

麺とかやくとソースに全てが集約!
主食からおやつまで全ての食シーンをカバーできる
万能カップ焼きそばは今季注目の即買いモノ!

made in Japanの傑作として長年愛されているカップ焼きそばが、大きな進化を遂げている。クラシカルで上品なフェイスはそのままに、内装はかやくの袋を上部に配置。より取りやすく湯が注ぎやすくなるようアップデートされたのだ。「湯切り部分はもっと進化しています。職人のこだわりが凝縮されていますよ」とカップ焼きそばコーディネーターの金山さん。「湯切りの穴が、麺とかやくがこぼれにくく、お湯だけが出やすい絶妙のサイズ感なんです。これはカップ焼きそば40年の歴史で初めてのことです」。ソースと麺がからんだ感じも歯にしっくりときて、長時間食べても疲れにくい。ソースと麺をからめるたびに色合いが変わり、使い込んで自分だけの色を作る楽しみもありそうだ。「ディナー、ランチ、モーニングにも食べられる3WAY仕様なので、幅広く使えます。肌身離さず持っていたい相棒ですね」

【即買いPOINT!】
かやくが麺の上にあり出し入れが容易!

お湯を注ぐ前にかやくに気付き、かやくごとお湯で温めてしまうミスを防ぐ安心設計。

【即買いPOINT!】
バランスが取れた湯切り口の大きさ

麺とかやくは飛び出ることはなく、お湯だけが勢いよく出る最適なサイズ感。流しがボコン! と鳴る音も気持ちいい!

(「もしMonoMaxがカップ焼きそばの作り方を書いたら」はライターの創作であり、『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』には掲載されておりません。また、文章と写真は関係ありません)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

模倣を越えた憑依文章の世界を、ぜひ楽しんでください!


もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら
著者:神田桂一、菊池 良
定価:1,058円(税込)
宝島社

ライター/金山

12

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読