通信制限になっても大丈夫!最大1Mbpsで通信可能!【楽天モバイル/スーパーホーダイ】

楽天モバイルは9月1日より、月々の高速データ容量を使い切ったあとの制限速度を最大で1Mbpsで通信できるスーパーホーダイのサービスを発表しました。通常であれば月額で契約した高速データ通信のデータ容量をオーバーしてしまうと、制限がかかり、128Kbpsもしくは256Kbpsでの通信速度に低下してしまいます。この速度ではメールやSNSなどのやりとり程度では問題なくおこなえますが、インターネットの閲覧やゲームアプリ、動画再生などは、途切れ途切れになってしまうことが多く、ストレスなく使えなくなってしまいます。1Mbpsとなると、それらの4~8倍の通信速度になり、動画やゲームアプリも快適とまで言えなくても、問題なく視聴したりプレイすることができるわけです。ちなみに1Mbpsはベストエフォート型なので、環境によってはそこまでの速度は出なくなるうえ、12~13時、18~19時の混雑時は300Kbpsになります。まあ、それを加味しても現状の通信制限時の速度と比べれば遙かに高速なので、ついついギガを使い切ってしまう人にはありがたいサービスです。さらに元々楽天モバイルが行っていた5分以内の通話であれば、かけ放題となる通話し放題のプランも合わせた「スーパーホーダイ」としてのサービスになりました。
下旬にさしかかるとデータ残量を気にしつつ、スマホを使わなくてはならなかった人にとっては、データを使い切っても、そこまで速度低下による不具合がないと言うのであれば、安心して使えるのではないでしょうか。


通信制限時でも1Mbpsの速度で通信ができ、5分通話し放題も使えます。


さすがに高速通信時と同じ快適度とは言えないですが、全般的に使えるレベルです。


スーパーホーダイと同時に、長期優待ボーナスも追加されました。長く使っていくには長期ユーザーにも恩恵があってほしいですよね。

(ライター/岡安学)

スーパーホーダイ詳細

楽天モバイルホームページ

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読