YOKOSO JAPAN!オニツカタイガー「NIPPON MADE」専門店誕生!

オニツカタイガー「NIPPON MADE」専門店が東京の新名所になる!

オニツカタイガーの「NIPPON MADE」シリーズは「細部まで日本製にこだわった商品づくり」をコンセプトに、2008年から展開している人気シリーズ。日本の伝統技術を用いた商品や著名デザイナーとのコラボ商品など、オニツカタイガー最上位モデルにふさわしい独自性あふれる品揃えで、海外にもファンが多いんです。

そんなNIPON MADEシリーズの専門店「オニツカタイガー 表参道 NIPPON MADE」が、9月29日に満を持してオープンしました。

限定モデルを含む、同店で人気のモデルをご紹介します。

 

名作「MEXICO 66 DELUXE」にオープン記念限定モデル登場!

「MEXICO 66 DELUXE」各¥23,000(税抜)

オニツカタイガーの象徴とも言える「MEXICO 66」を、こだわりの日本製で仕上げた「MEXICO 66 DELUXE」。その名作をベースにした、専門店オープン記念モデルが登場しました。アッパーに歴代モデルの数々がプリントされた、まさに記念モデルにふさわしいデザイン。わずか250足の限定販売です。

 

タイガーの爪でやられた!?ようなダメージ加工がアクセント!

「DENIM PANT」¥23,000(税抜)

大量生産できない旧式の力織機でつくられたセルビッジデニム。履き込むほどに身体になじんでくるのが、力織機の生み出す生地の特性と言われています。

そのセルビッジデニムを使ったストレートテーパードシルエットのモデルが登場。左脚部分に、トラに引っかかれたようなダメージ加工にオリジナリティを感じます。

 

希少な吊り編み機による極上の着心地を味わえる!

左「フーディー」¥18,000(税抜)、右「トレーナー」¥16,000(税抜)

古き良き日本の編み機「吊り編み機」を使用して作られたのが、こちらのフーディーとトレーナー。

力織機と同じく大量消費する時代の波にのまれ、過去の産物となった吊り編み機。今となっては希少な機械になっています。

しかし、まるで空気を一緒に編み込んだかのようなふわっとした仕上がりは、吊り編み機で仕立てたウエアならでは。テンションをかけずに時間をかけて編んでいくからこそ、この独特の風合いを実現できています。

縦にも横にも伸縮するニットで、洗濯を重ねてもへたりにくく、長持ちするのも特徴です。

 

使うごとに味わいが増す日本製アドバンレザー採用!

左「トートバッグ」¥32,000(税抜) W37×H41×D21cm、右「二つ折り財布」¥16,000(税抜) W11.5×H11.5×D2cm

「NIPPON MADE」シリーズのシューズでも使用している高級革を使った、トートバッグと二つ折り財布も人気。

この革は、ラッカーを塗布した牛革をブラッシュオフした日本製アドバンレザー。使い込むうちに色調に濃淡が生まれ、黒からブルーがかった色味に変化していきます。

 

来年にはMEXICO 66 DELUXEのカスタムオーダーが可能に!

さらに耳寄りなニュースが。2018年1月から、「MEXICO 66 DELUXE」に好みの素材・カラーを選べるカスタムオーダーが可能になります!

アッパー素材には、スムースレザー/シボレザー/スエードの3つを用意。その他、靴底、靴紐、刺繍、裏材などをカスタムオーダーできるそう。いまから楽しみです。

 

オニツカタイガー 表参道 NIPPON MADE
東京都渋谷区4-24-14
03-6447-1701
営業時間/11:00~21:00
定休日/不定休

 

オニツカタイガー
http://www.onitsukatiger.com

 

取材・文/横山博之 写真提供/オニツカタイガー

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読