AK70の後継モデルが登場!

アユートはAstell&KernのオーディオプレイヤーのエントリーモデルAK70の後継機となるAK70MKIIの発売を発表しました。AK70MKIIは、AK70と同様に低価格ながら、上位モデル並みの機能を有したモデルです。AK240で採用されている「CS4398」のデュアルDACを搭載しており、ある意味AK240の後継機とも言える性能です。通常のヘッドホン出力端子である3.5mm3極アンバランスに加え、2.5mm4極のバランス出力にも対応しています。PCM音源は最大384kHz/32bit、DSD128(5.6MHz/1bit)に対応。これもエントリーモデルの域を遙かに凌駕しています。さらにDNLAネットワーク機能である「AK Connect」に対応しており、家のPCやNASに保存している楽曲をWi-Fi経由で再生したり、本機へダウンロードすることもできてしまいます。また、楽曲の購入は本体に入っているストアアプリを使うことで、ネットワーク接続していれば、本体から買えます。PCを持っていなくても新譜を購入できるのはありがたい。他にもUSB DAC機能を搭載していたり、aptX HDの対応により、Bluetoothヘッドホンでも高音質での再生が楽しめます。


AK70MKIIの背面。


AK70MKIIの側面と天面。バランス接続用の端子があるのがわかる。

さらに11月17日からは劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」とのコラボモデル「Astell&Kern AK70 MKII劇場版 Fate/stay night [HF]」の発売を予定。Fateファンはもちろん、これからハイレゾプレーヤーの購入を考えている人はチャンスですよ!


コラボモデル「Astell&Kern AK70 MKII劇場版 Fate/stay night [HF]」

「Astell&Kern AK70 MKII劇場版 Fate/stay night [HF]」の背面。

(ライター/岡安学)

AK70MKII商品詳細

Astell&Kernホームページ

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読