[PR]ビジネスバッグの大本命!「ティンバックツー」のトランジットコレクション

2017/11/11

スタイリッシュなデザイン×使い勝手抜群!

今、ニューヨークのビジネスマンたちが愛用している仕事バッグの主流が、手持ちと背負いの2WAYで使えるバックパックタイプです。その人気筆頭ブランドの一つが、米国生まれのティンバックツー。中でも注目したいのが、スタイリッシュなデザインが魅力の新作「トランジットコレクション」です。

ティンバックツー「ザ・ディビジョンパック」¥14,000(税抜) W28×H44×D11cm 容量約22L

こちらはB4サイズを収納可能な、2層式のバックパックモデル。生地には、丈夫で耐久性に優れた400デニールナイロンを起用。重量は約950gと超軽量に仕上げています。

13インチに対応するパッド付きのPC収納室に加え、メイン室にも便利なラップトップポケットを装備。機能的なオーガナイザーも備え、仕事道具の整理整頓がはかどります。奥行11cmの薄マチシルエットだから、背負った姿もスタイリッシュ。

本体片側に、伸縮性に優れたメッシュポケットを装備。自転車通勤者に欠かせないペットボトルやタンブラーの収納にぴったりのサイズです。背面には、蒸れを放出し長時間背負っても疲れにくいエアメッシュベンチレーテッド背面パネルを装備。パッド入りなのでPCも安心です。

 

他にも多彩なラインナップを展開!

トランジットコレクションには、別仕様のバックパックやメッセンジャーバッグもラインナップ。

ティンバックツー「ザ・オーソリティーパック」¥16,000(税抜) W29×H46×D15cm 容量約28L

こちらは、ザ・ディビジョンパックより収納量の多いタイプ。背面のPC収納室に加え、小物収納に便利なオーガナイザーポケットを前面に配置しています。

ティンバックツー「ザ・クローザーケース M」¥20,000(税抜) W39×H33×D8cm

手持ちと斜め掛けの2WAYで使える、便利なナイロン製メッセンジャーバッグ。ビジネスからカジュアルまで使い回せるデザイン性の高さと、豊富な収納力が魅力です。一回り小さなSサイズもあります。

 

アメリカに続き、日本でもビジネスバッグの大本命になる予感を漂わせるトランジットコレクション。クオリティの高さに心惹かれます。

 

伊藤忠ファッションシステム
03-3497-4421
timbuk2.jp

 

取材・文/岡藤充泰 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読