2017年を代表するクルマ10台が決定!この10台の中から日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定します!

今年は東京モーターショー2017の開催もあり、1年を通じて魅力的なクルマが数多く登場しました。
気がつけばもう11月……そう!そんな魅力的なクルマの中から今年を代表する1台に与えられる
『2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー』
の発表が迫ってきたのです!
その第一段階として本日、2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会が都内にて開催され、全31台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台、いわゆる今年を代表する「10ベストカー」が選出されました。
では早速その10台をご紹介いたしましょう(ノミネート順)。

●スズキ スイフトシリーズ
(スズキ株式会社)

●トヨタ カムリ
(トヨタ自動車株式会社)

●レクサス LC
(トヨタ自動車株式会社)

●ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム
(本田技研工業株式会社)

●マツダ CX-5
(マツダ株式会社)

●アルファ ロメオ ジュリア
(FCAジャパン株式会社)

●BMW 5シリーズセダン/ツーリング
(ビー・エム・ダブリュー株式会社)

●シトロエン C3
(プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社)

●ボルボ XC60
(ボルボ・カー・ジャパン株式会社)

●フォルクスワーゲン ティグアン
(フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社)

 

この10台の中から、2017年を代表する1台『日本カー・オブ・ザ・イヤー』が12月11日(月)に決定します!
その模様も追って当ブログにてお伝えしますので、お楽しみに!

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読