「黄金の旋風」巻き起こる! 絢爛豪華なG-SHOCK35周年モデル登場!

2017/11/24

大胆なゴールドカラーで華やかに着飾った!

この間は、世界累計出荷1億本というニュースでも世間をわかせたG-SHOCK。さらには来年に35周年という節目を迎えるにあたり、9月に登場した「ビッグバンブラック」を皮切りに、1年を通じて特別なコレクションの展開が予告されています。

そして、待望の次弾となったのが、3モデル展開の「ゴールドトルネード」です。

ブランドを象徴するブラック×レッドをメインにしつつ、ゴールドをふんだんに差し込むことで、絢爛豪華なスタイルを完成させました。ベゼルやケース、ビスといった主要メタルパーツにゴールドIPを施し、そのほかの部分にもゴールドカラーがあしらわれています。

樹脂バンドはブラック×レッドの2色成形。

なんともゴールドが効いたデザイン。角度によってチラリとのぞくバンド裏のレッドカラーも差し色になっていて、存在感は抜群です。"世の中にインパクトを与え続けるべく、常に新しいタフネス構造を開発してきた背景と今後も驚きと感動の旋風を巻き起こす輝かしい存在でありたい"という想いがあるとのことですが、たしかに輝かしい存在であることは間違いありません。

 

ゴールドカラーで先進機能の存在感がさらに輝く!

それでは、個々のモデルを見ていきましょう。

G-SHOCK「GPW-2000TFB」¥110,000(税抜)

まずは、「GPW-2000TFB」。今年3月に発表され、業界に衝撃を与えた新世代モジュール「Connected エンジン 3-way」を搭載したモデルです。

なにがすごいかというと、世界6局から受信できる「標準電波」、日本の準天頂衛星みちびきにも対応した「GPS衛星電波受信」、1日4回連携させたスマートフォンに自動接続して時刻を修正できる「Bluetooth」の3つに対応しているということ。もうこれ以上の時刻修正技術はないんじゃないか?と思ってしまうほど高度な機能です。

ゴールドに輝くベゼルが、なんともゴージャス。エンボスが入った上下は光り輝くポリッシュ、左右はヘアラインと仕上げを変えることで、洗練された表情を見せます。

ベゼルとケースの間に忍ばせたレッドの樹脂もアクセント。

3モデル共通の仕様として、グラフィックアーティストのエリック・ヘイズ氏デザインの35周年記念ロゴを遊環に刻印。裏ぶたも輝いています。

サイズ66×57.1×18.2mm●質量120g●耐衝撃構造●タフソーラー●20気圧防水機能●GPS電波/標準電波受信機能●針退避機能●ワールドタイム:世界28都市+UTCの時刻表示、2都市時刻表示、ホームタイムの都市入替機能●ストップウォッチ●タイマー●時刻アラーム1本●モバイルリンク機能●バッテリー充電警告機能●緯度・経度表示●フルオートカレンダー●LEDライト

 

カーボン×ゴールドカラーの贅沢な組み合わせ!

G-SHOCK「GST-B100TFB」¥90,000(税抜)

いまやG-SHOCKの看板シリーズとなったG-STEELからも参戦です。

ひとまわりダウンサイジングすることで装着感が増したGST-B100がベース。異素材を組み合わせたベゼルによって新たなタフネス構造を実現するのが同シリーズのコンセプトですが、本モデルではカーボンベゼルを起用。カーボン特有の織り目が、タフでスポーティな印象を与えます。

9時位置には、ジェットエンジンなどのブレードからインスパイアされたというディスクを搭載。回転する動きで、ストップウォッチが動作中であることやアラームのON/OFF、バッテリー充電残量、タイマーの残り時間を示します。

本モデルの特徴的な機能が、Bluetoothでスマホと連携できるモバイルリンク機能。ケース左下にある専用ボタンをプッシュすることで同期します。レッドのカラーリングが効いています。

ベゼルやボタンにはゴールドIPが施され、奥深い輝きを湛えています。

凹凸のあるバンドも特徴のひとつです。

サイズ58.1×53.8×14.1mm●質量104g●耐衝撃構造●タフソーラー●20気圧防水機能●モバイルリンク機能●デュアルタイム:ホームタイムの時刻入替機能●ストップウォッチ●タイマー●時刻アラーム1本●バッテリーインジケーター表示●パワーセービング機能●フルオートカレンダー●LEDライト

 

ダイバーズの名機もいっそう豪華に!

G-SHOCK「GWF-D1035B」¥135,000(税抜)

そして最後にご紹介する「GWF-D1035B」は、本格ダイバーズとして愛されているフロッグマンです。

フロッグマンの特徴といえば、中心線がバンドのよりも左にずれたアシンメトリーデザイン。海中での使用時、手首の動きで意図せずに右側のボタンが押されてしまうことを防ぐために起用されたもの。

文字板のインナーリングや各種のビスも、キラキラと輝くゴールドに。

センサー部分も、鮮やかなゴールドをまとっています。

バンド後端もアシンメトリーなデザイン。ケースのメタル部分はDLCコーティングしたステンレススチールにミラー加工を施したもの。

サイズ59.2×53.3×18mm●質量141g●耐衝撃構造●タフソーラー●ISO200m潜水用防水●電波受信機能●ワールドタイム:世界48都市+UTCの時刻表示●ダイビング機能●ログデータ●水深計測機能●方位計測機能●温度計測機能●タイムスタンプ機能●タイドグラフ●ムーンデータ●ストップウォッチ●タイマー●時刻アラーム5本・時報●バッテリーインジケーター表示●パワーセービング機能●フルオートカレンダー●12/24時間制表示切替●操作音ON/OFF切替機能●LEDバックライト

 

G-SHOCKの看板役者を起用した、絢爛豪華な夢舞台。すでに人気が高く、完売の可能性もあるとのこと。この旋風がいっときのお祭りで終わってしまうのは少し寂しいですが、「見逃した!」と後悔するのは避けたいものです。

 

カシオ計算機 お客様相談室
03-5334-4869
http://g-shock.jp/

 

取材・文・撮影/横山博之 写真提供/カシオ計算機

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読