[PR]BOSEからついに登場した完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free」を選ぶべき理由!

トップオーディオメーカーのBOSEが、満を持して完全ワイヤレスヘッドホン「SoundSport Free wireless headphones」を投入! AVライター・折原一也氏による本気レビューも含め、その実力を調査してみました。

 

ここがスゴイ1/通勤時のストレスを軽減! 安定した完全ワイヤレス!

わずか9gのイヤピースに、これまで培われてきた音響技術やワイヤレス通信技術を余すところなく投入。優れた快適性やコネクティビティ、安定性、サウンド品質が集約されていて、それによって音割れやノイズのない、パワフルかつクリアなサウンドを提供しています。

右イヤピースにあるボタンで、スマホの操作もできます。

最長駆動時間は約5時間と、業界最長クラスのロングバッテリーを実現。さらに専用の収納ケースで2回分の充電もできるので、電源のない場所でも約15時間も音楽を味わえます。

特にアンテナシステムは新開発された最新版で、イヤピース同士の通信を強力かつ安定的に維持します。

「完全ワイヤレスイヤホン購入時に心配になるのが、Bluetooth通信の安定感。実際にiPhoneとペアリングして外に持ち出し、電波飛び交う電車の中や駅の改札を通過しても、左右の途切れはほとんど心配ナシ。完全ワイヤレスの基本性能で選ぶなら、BOSEです」(折原さん)

 

ここがスゴイ2/安心の防滴と抜群のフィット感でトレーニング時も使いやすい!

「SoundSport Free wireless headphones」は、IPX4の防滴仕様。IPX4といえば、トレーニングによって発生した汗がかかっても、ちょっとした雨に降られても問題のない防滴・防汗性を実現するレベル。だから、思いっきり汗をかいても大丈夫です。
 

この三日月型のチップ「StayHear+Sport」が、優れたフィット感を生み出す功労者。耳のくぼみにすっぽりハマるのでホールド感が高く、激しいトレーニングでも落ちにくいんです。

「完全ワイヤレスイヤホンの中でも大柄なほうですが、3種類入っているチップ『StayHear+Sport』が耳の内側にフィットして、動いても本当にズレない。防滴仕様でエクササイズやランニングまで想定しているのはBOSEらしいですね」(折原さん)

 

ここがスゴイ3/どこかで落としてもあわてる必要なし! BOSE Connectアプリがイヤホンを探してくれる!

小さい分、見失うと発見しづらいのがこの手のモデルの難点。しかしBOSE Connectアプリを使えば、最後にスマホとBluetooth通信した位置情報が左右それぞれで記録されているから、すぐに見つけることができます。

さらに、アプリを頼りにBluetoothで通信できる圏内に入ったら、イヤホンから音を出すことも可能。「ピピピッ!」とかなりの音量が発せられるので、どこにあるのかわかりやすいんです。

「完全ワイヤレスイヤホンは紛失が心配……という声は、正直いってよくあります。アプリと連動してイヤホンの位置情報を残して場所を探す『Find My Buds機能』は、そんなお悩みへのもっともスマートな回答。この安心感はうれしいポイントです」(折原さん)

 

先進テクノロジーで高いポテンシャルを誇る「SoundSport Free wireless headphones」。ケーブルからもストレスからもフリーになって、BOSEサウンドを堪能できます。

 

BOSE「SoundSport Free wireless headphones」¥27,000(税抜)

 

 

ボーズ・オンラインストア
0120-002-009
https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/headphones/earphones/soundsport-free-wireless.html

 

取材・文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読