[PR]ブローバ カーブのドレス&スポーツ、どっちを選ぶ!?

2017/12/12

ブランドNo.1人気シリーズの印象違いの2モデルを徹底比較!

2016年、世界初のカーブしたクロノグラフムーブメント搭載モデルとして登場以来、すっかりブローバの顔となった「カーブ」。

中でも、前衛的な造形をした「プログレッシブスポーツ」が有名ですが、実はそれだけではありません。
優美なディテールを備えつつ装飾で文字盤の曲面を強調した「ドレス」や、スポーティな雰囲気を醸成したうえで、一般的なスポーツ時計にはない装着感を実現した「スポーツ」もラインナップされているんです。

 

ドレス──細部まで品よく整えられたドレス時計の新境地

ブローバ「カーブ ドレス 96A186」¥100,000(税抜) ケース径45mm、ケース厚9.7mm、3気圧防水、ハイパフォーマンスクオーツ、SSケース&ブレス

「ドレス」が追求したのは、スーツスタイルにマッチする、気品あるデザイン。プッシュボタンやラグなど曲線を用いた流麗なフォルムで、シャープな針&インデックスも洗練されています。

モノトーンを基調にしていますから、さまざまな種類のスーツにマッチ。大きめのケース径ながら袖口の邪魔にならず、見た目にもスマートです。

左上/ヘアラインとポリッシュを組み合わせた5連のブレスレットを起用。腕元で上品な光を放ちます。

右上/グラデーションのように浮かび上がる文字盤の装飾を斜めに入れたことで、曲面を強調。

左下/スッとラグへとつながるケースフォルム。ポリッシュ仕上げを多用していて、光沢感が強いのが特徴です。

右下/ボタンは凹凸が少なく、シャツに引っかかりにくい形状。表面積は大きく、押しやすい。

 

スポーツ──主張のあるスポーツ顔でいてフィット感にも優れた実力派

ブローバ「カーブ スポーツ 96A185」¥93,000(税抜) ケース径43mm、ケース厚9.7mm、3気圧防水、ハイパフォーマンスクオーツ、SSケース&ブレス

一方の「スポーツ」は、レッドカラーを効かせたカラーリングや目盛りを設けたベゼルなど、スポーティにまとめたモデル。力強い主張がある一方で、ケースがカーブしているため装着感に優れています。

デザインは、太めのインダイヤルリングやインデックスが遠くからでも目を引くもの。サンレイ仕上げの青文字盤も映えます。

  

左上/真下が透けて見えるスケルトン針を起用。これによりインダイヤルの数値も確認しやすくなっています。

右上/円筒状で押しやすいプッシュボタン。ベゼルに目盛りを刻んだのも特徴です。

左下/直線的で力強いブレスレットデザイン。細部まで磨き抜かれているのはさすが。

右下/インダイヤルの一部の針やインデックスに赤の差し色を起用することで、スポーティな印象に。

 

「ドレス」「スポーツ」で、これほどスタイルに違いがあるのをご存知だったでしょうか? 独自の魅力を備える両者、どちらがご自身にあったモデルだったでしょうか。

なお、現在「ウィンター2017キャンペーン」が開催されています。2017年12月31日までの間にブローバ正規販売店でブローバの腕時計を購入すると、オリジナルのトートバッグがもらえます。先着順なので、ぜひ早めに店舗へ足を運んでみてください。

 

ブローバ相談室
0570-03-1390
https://www.bulova.com/

 

取材・文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読