[PR]北欧の高級オーディオメーカー、バング&オルフセンの哲学が息づく「B&O PLAY」から、 ついに完全ワイヤレスイヤホンが登場! 音質、使い勝手、デザインとすべてに隙がない!

北欧メーカーらしい音作り&デザイン!

バング&オルフセンといえば、ファンならずとも知る人の多いデンマークのオーディオメーカーだ。世界有数の音響エンジニアが生み出した極上のサウンドと、バウハウスの機能主義を色濃く受けた美しいデザインで有名だが、そうした哲学が息づくカジュアルライン「B&O PLAY」から、待望の完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」が登場した。この製品にも伝統の音作りが生かされており、全音域にわたって伸びやかでクリアなサウンドを表現。左右のイヤホン間の通信には最新の近距離磁界誘導技術であるNFMIを起用し、音漏れやノイズをほとんど発生させないよう工夫されている。

音楽に集中しやすい環境を与えてくれる一方、イヤホンのタッチで即座に音楽を止めて外の環境音を拾える「トランスパレンシー」モードも用意されており、案内放送を聴きたいときや誰かから話しかけられたときに役立ってくれる。また、機能美にあふれた造形も魅力的だ。イヤホンは抜群の装着感を実現しながらも、無駄のないミニマルフォルムを表現。充電ケースはレザーをあしらうことで高級感が漂っていて、イヤホンをしまうときには高級アクセサリーを扱っているような気分にさせてくれる。音も見た目もハイクオリティで、新しいワイヤレス体験を堪能できる。

Beoplay E8 ¥30,463
サイズ:(イヤフォン)W23×H20×D25mm、(充電ケース)W73×H47×D33mm

人間工学に基づく極上のフィット感!

音と耳を徹底追求してきただけに、装着感もかなりもの。ひねりこむように装着することで、耳孔をすっぽり覆い、適切にフィットする。

イヤホンをタッチするだけで直感的に操作できる!

タッチコントロールが可能。1~3回のタップや長押し操作と左右の使い分けにより、音楽コントロールや着信対応などを行える。

アプリを活用して自分好みの音にアレンジ!

  

Beoplayアプリを使えばイコライジングのモードやトランスパレンシーのレベルを自分好みに調整できる。製
品のカスタマイズも可能だ。

ワイヤレス体験を一日中味わえる!

専用ケースは充電器を兼ね、最大でイヤホンを2回充電できる。イヤホンは最大4時間再生可能なので、満充電状態から最大12時間使えることになる。

 

問い合わせ先 完実電気 サポートセンター 050-3388-6838

取材・文/横山博之 撮影/植野淳(植野製作所) スタイリング/栃木雅広(quilt) ヘア&メイク/萩原典幸 モデル/タカシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読