[PR]ジェイソン マーク創業者に聞いた!「私たちは完璧主義者。常に最高の製品を作り出すために努力している」

ジェイソン・マーク氏本人にインタビュー!

世界中のファッショニスタを虜にしている、スニーカーケアグッズの「ジェイソン マーク」。


代表作「プレミアムシューズクリーナー」は、これ1本でスウェードやキャンバス、レザーなどさまざまな素材に対応する点や、強力な洗浄能力を誇りながら98.3%が天然由来成分で安心して使える点で高い評価を得ています(過去記事1, 過去記事2)。

今回、ブランド創業者であるジェイソン・マーク氏本人にインタビューする機会を獲得。自身、大のスニーカーファンである氏は何にこだわって製品開発を行っているのか? いろいろ聞いてきました。

 

「外出前にクリーニングすることは自分にとってマストなんだ」

──ブランドを立ち上げたきっかけは?

「2007年にJASON MARKKをスタートしたが、その当時スニーカー専用のクリーナーが存在しないということに気付いたのがきっかけだった。みんなが信頼出来る、そして、スニーカークリーニングについて悩む必要のなくなるようなシュークリーナーを作ろうと思ったんだ」

──自ら開発に着手するまでは、どのようなケアを?

「自分なりの配合で水に中性洗剤やオキシグリーンという漂白剤を混ぜて、それを歯ブラシを使ってこすり洗いしていたよ」

──ご自身もシューズコレクターであり、愛好家でいらっしゃいますが、シューズが汚れることや、劣化することに対してどのように感じていますか?

「スニーカーが汚れてしまったとき、外出前にクリーニングすることは自分にとってマストなんだ。そうしないと、一日中シューズの汚れが気になってしまう。けど、素材の劣化に関しては、スニーカーに新たなキャラクターを与えると考えているから、見た目に関しては気にしていない。とにかく汚れていなければ大丈夫!」

 

「常に最高の製品を作り出すために努力している」

──他のブランドの製品との違いや、こだわりは?

「私たちは革新性と品質に常にフォーカスしているんだ。あらゆる細部にもこだわって、常に最高の製品を作り出すために努力している。また、常に地球環境への配慮も心がけていて、深く考えながら自分たちのベストを尽くしている」

──開発する上で苦労したことは?

「私たちは完璧主義者なので、製品を正しい方向へ導くためにものすごく時間がかかる傾向にある。けど、それを『苦労』だとは思ってはいない。それこそが自分たちの仕事のやり方だからね」

──製品が多くのシューズ関係者から高い評価を受けていることについて、どうお感じですか?

「みなさんが私たちと私たちの製品を信頼してくれていることにすごく感謝しています。そして、彼らのスニーカーを最高の状態に保てるためのお手伝いが出来ることがすごく嬉しい」

 

「誰もが知っている存在にするように努力を続けていきたい」

──新製品、新サービスの予定は?

「最近で言えば、スニーカー用のインソールや「RTU (Ready-To-Use) FOAM」というクリーナー、それから「CEDAR」と「MOSO」という2種類のスニーカー用の脱臭剤を作ったよ」

左「CEDAR」、右「MOSO」ともに価格未定、来春発売予定

──ブランドについての今後のビジョンは?

「これからもみんなから愛される質の高い製品を開発して、JASON MARKKという名前を誰もが知っている存在にするように努力を続けていきたい。そして、私たちのショップとサービスモデルを世界中の様々な場所へ広げていきたいね」

──まだ製品を使ったことのない人に対して、メッセージを。

「私たちの製品をトライしてくれる機会がくることを願ってるよ。そうすれば、あなた自身がハッピーになるのは間違いないから!」

 

ジェイソン マーク「エッセンシャルキット」¥2,000(税抜) プレミアムシューズクリーナーとウッドブラシのセット。およそ100足分のクリーニングが可能

 

ローテックス
03-6438-9558
www.jasonmarkk.com/

 

取材・文/横山博之 写真提供/ジェイソン マーク

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読