G-SHOCKが革ベルト採用!? 微細加工で新たなタフを表現!

2018/01/20

微細加工でレザーの質感を表現!

かつてない耐衝撃性を実現したことを原点とするG-SHOCK。先進テクノロジーを武器に、さまざまな形でタフネスを追求してきました。

一方、タフネスといって想起されるものといえば、レザーが挙げられるでしょう。野生生物から採取した革は古くから力強さの象徴であり、ファッションやバッグ、家具などさまざまな製品に活用されています。

そんなレザーのエッセンスを取り込んだ新作G-SHOCKが、この1月に登場しました。

一見にしかず。こちらの写真をご覧ください。

レザー特有のキメやシボ感、ステッチングによる微妙な凹凸まで見事に表現されています。

ケース・バンドを成型する金型自体に微細加工を施すことで、レザーの生地感を細部に至るまで追求し、まるで本物のレザーと見紛う仕上がりを実現しました。実際は他モデルと同じ樹脂製なのですが、近くでまじまじと見つめても「レザーかな?」と思ってしまう出来栄えです。

もちろん、レザージャケットとも好相性です。

 

ギミック感にあふれた個性派デザイン!

G-SHOCK「GA-110BT-1AJF」¥15,000(税抜)

採用モデルのひとつが、さまざまなコラボレーション企画でベースとなってきた「GA-110」です。

同モデルの最大の特徴は、男心をくすぐるディテールでしょう。ギアのような針形状や計器のようなインダイヤル、立体的なインデックスが施され、G-SHOCKの真骨頂ともいえるデザインセンスが凝縮されています。

LEDライトはアンバーカラー。6時位置から投射され、暗所でも針やインデックスを浮かび上がらせます。

サイズ55×51.2×16.9mm●質量72g●耐衝撃構造●耐磁時計●20気圧防水機能●ワールドタイム:世界48都市+UTCの時刻表示、ホールタイムの都市入替機能●ストップウォッチ●タイマー●時刻アラーム5本・時報●フルオートカレンダー●12/24時間制表示切替●LEDライト

 

ミニマルなデジタルモデル!

G-SHOCK「GD-120BT-1JF」¥13,000(税抜)

よりミニマルなデザインをお好みの方は、デジタルの「GD-120」がおすすめです。

計時やモード表示に用いられる3つのインジケーターを装備。無駄な装飾を排したデザインであるがゆえに、レザーらしい風合いに仕立てたケースの存在感がさらに引き立ちます。

LEDはホワイトカラー。液晶を透過することで、青みがかった光を放ちます。

サイズ55×51.2×17.4mm●質量72g●耐衝撃構造●20気圧防水機能●マルチタイム:異なる4都市を登録して表示切替や都市切替が可能●ワールドタイム:世界48都市+UTCの時刻表示、ホールタイムの都市入替機能●ストップウォッチ●タイマー●時刻アラーム5本・時報●電池寿命約7年●フルオートカレンダー●12/24時間制表示切替●操作音ON/OFF切替機能●LEDバックライト●報音フラッシュ機能

 

シンメトリーなデジアナモデル!

G-SHOCK「GA-100BT-1AJF」¥13,500(税抜)

最後にご紹介するは、シンメトリーデザインのデジアナモデル「GA-100」です。

まるで航空機のコクピットのような文字盤デザイン。液晶画面も大きく、曜日や秒といった情報をわかりやすく表示します。

LEDはアンバーカラー。6時位置から、文字盤全体を明るくします。

サイズ55×51.2×16.9mm●質量72g●耐衝撃構造●耐磁時計●20気圧防水機能●ワールドタイム:世界48都市+UTCの時刻表示、ホールタイムの都市入替機能●ストップウォッチ●タイマー●時刻アラーム5本・時報●フルオートカレンダー●12/24時間制表示切替●LEDライト

 

なお、今回登場した3モデルのケース・バンドはすべて同じものが使われており、細部のディテールも共通です。

 

レザーライクな手触りや風合いを備えることで、タフネスの新境地を切り拓いた本モデル。G-SHOCKを語る上で外せない名作のひとつになるかもしれません。

 

カシオ計算機 お客様相談室
03-5334-4869
http://g-shock.jp/

 

取材・文・撮影/横山博之

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読