天井から部屋の空気をきれいに!【シャープ・FT-AP3】

2018/01/22

シャープから家庭用としては業界初となる天井から設置可能なLEDシーリングライト一体型空気清浄機「天井空清」FT-AP3が1月20日より発売されます。その名の通り、LEDシーリングライトに空気清浄機能を搭したモデルで、部屋の置き場所に困りがちな空気清浄機を天井に取り付けてしまおうと言うものです。

シーリングライトとしては~12畳、空気清浄機としては~14畳となっているので、リビングでも十分活躍できる性能です。もちろん、シャープの空気清浄機となれば、プラズマクラスターを搭載。しかも高濃度プラズマクラスター25000を採用しています。静電HEPA・脱臭一体型フィルターによりしっかり臭いもとってくれるので、空気清浄機単体としてみても良い感じです。他にもトンボの羽をモチーフにしたネイチャーファンを採用しており、静音設計になっています。そして、シャープのLEDシーリングライトと言えば、さくら色の調色です。うすピンクのソメイヨシノと濃いピンクの八重桜の2種類を用意し、さらに10段階の調光と10段階の暖色から寒色までの調色も搭載しています。

天井に設置してあるとフィルター交換などが難しくなるのでは?と心配される方もいるとは思いますが、簡単に蓋が開けられ、フィルターの交換ができるので、お手入れも楽々です。まあ、高さがあるので、届く為の台座などは必要ですが。

インフルエンザが猛威をふるっている冬場から花粉舞い散る春先まで、まさに空気清浄機が必須の時期。部屋の省スペース化にもひと役買うので、まさにオススメですよ。


通常のLEDシーリングライトに比べると厚みと重さはあります。重さに耐えられるかは要確認。


空気清浄機の性能実験。天井空清が煙を感知。


ものの数分であっという間に空気をきれいに。かなり吸引力はありそうです。


シャープのLEDシーリングライトと言えば、さくら色の調色。


臭いや埃もHEPAフィルターで除去。


シーリングライトの中央部を開くと簡単にフィルター交換ができます。

(ライター/岡安学)

天井空清製品詳細

シャープホームページ

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読