[PR]ヒゲは床屋のような濃密泡で剃る! 自宅快適シェーブのススメ!

「泡のスキンケアシェービング」を体験してみた!

ヒゲのケアは、身だしなみの基本です。どれだけ小洒落た着こなしでキメても、無精髭が生えていたり口元が荒れていたりすれば魅力も半減。テキトーに済まそうと安物のカミソリを使えば肌を痛め、逆にみすぼらしくなってしまうこともあるものです。

 

濃厚泡ブラシとラムダッシュ

左)パナソニック「濃密泡プラシ ES-MC31」 右)パナソニック「ラムダッシュ ES-ST8Q」 ともにオープン価格、5月1日発売予定

シェービングは毎日やるものだからこそ、肌にやさしくあるべき。そこで、「泡のスキンケアシェービング」によってやさしい剃り心地を実現する、パナソニックの新商品「濃密泡ブラシ」と「ラムダッシュ」を試してみました。

 

左)ライターの横山博之。生活のトラブルには、自らの技術を磨くよりモノでの解決しようとする性分。中)モデルの幸太さん。理容師免許を持ち、モデル業のかたわらサロン&カフェ「ビーチツリー」もプロデュース。右)ヘア&メイクの菊地倫徳さん。仕事柄、ヒゲのケアやスキンケアには強いこだわりを持つ。

 

きめ細かなたっぷり泡による極楽プレシェービングを味わえた!

まず活用したのが、「濃密泡プラシ」。

美容院ではなく床屋さんに通っている/通っていた人なら、カミソリを使ったシェービングの心地よさにうっとりしたことがあるのではないでしょうか。あの、濃密な泡によるプレシェービングを自宅でカンタンに再現してくれるんです。

濃密泡プラシにブラシをセット

まずは、本体にサロンシェービングブラシをセット。上からカチッと押し込むだけでOK。床屋さんで一般的に使われているアナグマブラシから着想を得たもので、先端が極細毛になっています。

濃密泡プラシに洗顔料を注入

次に本体上部にある注入口を開け、洗顔料を入れます。泡が出るタイプなら、なんでもOK。なお、液体や粉の洗顔料の場合はブラシ中央より注入します。

濃密泡プラシに水を注入

泡立ちをよくするために、ブラシ中央から約4mlの水を注入。専用の計量カップを使えばカンタンです。

濃密泡プラシの電源を入れる

これで準備OK。あとは本体の「WASH」ボタンを押せば……

濃密泡プラシから泡が出てくる

ブラシがクルクルと回りだし、中央からふわふわの濃密泡が出現! みるみるうちに泡があふれ出てきます。

濃密泡プラシでプレシェービング

クリーミーな泡を使ってプレシェービング。ブラシがクルクル回転することで皮脂や毛穴の汚れを落としつつ、しっかりヒゲを立たせてくれます。

濃密泡プラシで作られたきめ細かい泡

出てきた泡は、ご覧の通りのクリーミーさ。手で泡立てるよりも細かな泡が作れるので、毛穴の奥まで入りやすいんです。

ラムダッシュでヒゲ剃り

あとは剃るだけ。「泡スルーヘッド」を起用した「ラムダッシュ」なら、泡をほどよく残しながらスムースにシェービングできるので、「濃密泡ブラシ」と好相性。

ラムダッシュで深剃りができた

剃り心地さっぱり! 肌を痛めることなく、キレイに深剃りできました。

 

泡の「やさしさ」に包まれて……ケアもできたし癒やされた!

「濃密泡ブラシ」&「ラムダッシュ」の使い心地はどうだったのか? 実際に体験した3人に感想を聞きました。

幸太「この泡ブラシを使ってみて一番に感じたのは「すごくやさしい」ってこと。泡もきめ細かいし毛も極細だから、やさしく大切にケアしてくれている感じがありますね」

 

菊池「たしかに。ブラシが回転するという仕組みから、やる前は肌にゴリゴリ擦り付けるイメージを持っていたのですが、全然そんなことなかったですね。肌表面をやさしく撫でてくれる感じで、気持ちよかったです」

 

横山「あまりに心地いいもんですから、ヒゲを立たせるという本来の目的をつい忘れそうでしたね(笑)。マッサージしてくれているようで。」

 

幸太「僕は理容師免許を持っていますが、本職が手がけるプレシェービングとほとんど同じレベル。より本職に近づく「蒸す」という工程までできればベストですが、どちらの製品も防水仕様だから、お風呂でシェービングすればさらに効果的だと思いますね」

 

横山「ブラシを替えて、洗顔用として使えるのもうれしいですね。この気持ちよさを、顔全体で味わえます」

濃密泡プラシで洗顔

菊池「小鼻のケアに、よかったですよ。手ではどうしてもケアしにくい細かな場所も、スッとアプローチしてくれる感触がありました。メイクした後のクレンジングにも最適ですね」

 

幸太「スキンケアの浸透を助ける温感パター機能がついているのも面白いですよね。僕はサーフィンもやっているから、肌のケアには人一倍気を遣っているので、こうした機能はありがたいかも」

濃密泡プラシで温感パター

菊池「温感効果で、スキンケア剤の肌へのなじみがよくなるんですよね。ヘアメイクという仕事はアフターケアが腕の見せ所と考えていまして、さらに肌を良好な状態に保てそうです」

 

横山「ラムダッシュもよかったですよね。新たに「ヒゲ起こしフィン」が備わったことで、アゴ下で寝ているヒゲやくせヒゲをしっかり立たせ、ワンストロークでカットできました」

ラムダッシュの新機能

幸太「そうですね。剃り心地が本当によかった。外刃を外さずにサッと洗えるウォータースルー構造なのも便利。毎日使うものだからこそ、こういう気遣いがうれしいな」

ラムダッシュのウォータースルー構造

横山「毎日ヒゲ剃りは「作業」になりがちですけど、こうやって丁寧でやさしいシェービングができると「ちゃんとしよう」って意識に変わりそうですね」

 

ついでに大人気商品のボディトリマーも試してみた!

身だしなみという視点で整えておきたい毛は、ヒゲだけに限りません。カラダのあちこちにも、邪魔な毛は存在します。そこで、大人気「ボディトリマー」の最新機種も体験してみました。

 

ボディトリマー

パナソニック「ボディトリマー ER-GK70」オープン価格、5月1日発売予定

前機種は2017年5月に発売。さまざまな持ち方が可能で使いやすいフォルムで、肌にやさしく全身のムダ毛をカットできると話題になり、当初計画の約2倍の出荷を記録したヒット商品です。特にアンダーヘアを整えられるメンズグルーミングアイテムとして高い評価を得ました。

ボディトリマーのアタッチメント

新作ER-GK70では新たに9mmのアタッチメントを追加。これにより、毛の長さを0.1/2/3/6/9mmと幅広くアレンジできるようになりました。

ボディトリマーでスネ毛ケア

スネ毛もご覧のとおり! カミソリとは違って、肌を痛めないのが魅力です。

ボディトリマーでスネ毛ケア

処理時間わずか3分でここまで剃れました。違いは一目瞭然。部屋に毛が落ちないし、ムレてまとわりつく不快感もなし。ムダ毛のない生活を一度はじめると、その快適さから抜け出せなくなります。

 

毛のケアは、身だしなみの第一歩。便利なツールを駆使して、最良の状態を目指したいものです。

 

パナソニック 
濃密泡ブラシ ES-MC31
カミソリシェーバー ラムダッシュ ES-ST8Q
ボディトリマー ER-GK70

 

取材・文/横山博之 撮影/松本健太郎

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 9月号

8月9日(木)
890円(税込)