こんなの待ってた! 時短調味料! ミツカンのカップクックシリーズは、手間いらず下準備いらずで美味しい料理が作れました!

2018/04/05

カップ1つで、ボリュームたっぷりの料理が完成する、ミツカンの具入り合わせ調味料「CUP COOK(カップクック)」シリーズが注目されています。

カップクックは、あらかじめ配合された調味料の中に、シャキシャキ食感のたまねぎが入った、カップ型の調味料。フライパンで、焼きながら肉にからめるだけで、2~3人前の料理ができあがるという、簡単に料理ができる一品。

とはいえ、本当に簡単にできるのか、試してみました。今回は1月に新発売した、「カップクック 牛プルコギ炒めのたれ」でチャレンジ! 用意するのは、カップクックと牛肉のみ! レシピはパッケージに書かれているので、その通りにつくります。まずは、フライパンで牛肉を色が変わるまで焼く!

フライパンを熱して、油をひき、牛肉をパックから出してフライパンへ投入。その間約40秒。

だいぶ色が変わってきました。

これまでのタイムは、2分15秒。

カップクックを投入します! チューブやパックと違い、カップ容器は片手で簡単に入れられるのがいいですね。

混ぜ合わせたら完成! 時間は4分37秒! 撮影しながらつくったので、調理に専念すれば、もっと短時間で手際よくできたはず。撮影しながらでも、5分以内でおさまったのは驚異的です。

お皿に盛ってみます。半分ぐらいの量を盛り付けましたが、それでもかなりのボリュームです。

その味は……、
醤油と砂糖の甘じょっぱい味をベースに、コチュジャンと唐辛子がアクセント。牛肉の甘味と旨味が混ざり合い、絶妙な甘辛味に仕上がっています。これはご飯がついつい進む味! おかずじゃなくて、丼にして食べたい! 今回は脂身多めの牛肉を使ったので甘味が多めに出たようですが、脂身が少なめの牛肉を使うと、プルコギの甘辛さがより引き立つかもしれません。

カップクックシリーズは、牛プルコギのほかに、豚しょうが焼き、鶏てりやき、豚キムチの3種類が発売されていますが、焼けるのが早い牛肉を使うこの牛プルコギが、調理時間は最速のはず。手間いらずで美味しいできたて料理が食べたいときに、ぜひ挑戦してみてください!

 

ミツカン
カップクック 牛ブルコギ炒めのたれ
¥300
210g

文/金山 靖

 

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読