G-SHOCK伝統のスクエアケースが驚きのフルメタル化!

伝統のスクエアケースがフルメタル化!

すべては、このスクエアデザインから始まりました。

1983年、画期的な耐衝撃構造によって腕時計にかつてないタフネスをもたらしたG-SHOCK。35周年を迎えた今、まさにピカピカと光輝く"歴史の金字塔"が登場しました。伝統の「5000」シリーズをはじめてフルメタル化した、シルバーカラーの「GMW-B5000D-1JF」と、ゴールドカラーの限定品「GMW-B5000TFG-9JR」です。

慣れ親しんでいたスクエアモデルの素材が樹脂からメタルに──言葉にするとただそれだけですが、実際目にしてみると、ものすごいインパクトがあるんです。

「5000」シリーズではありませんが、同じケースデザインを採用した「5600」と比べてみました。

フォルムやディテールなど基本デザインはそのままに、見事にメタルに置き換えられているのが本作の魅力。ただベゼルの表現は少し異なっており、フルメタルモデルはフラットですが、樹脂モデルはわずかな凸部が表現されています。

バンド上に設けられた凹部もしっかり表現しているのが、小憎い演出です。

プッシュボタンはフルメタルモデルのほうが大きくなり、押しやすくなりました。ケースサイドのスリットもしっかり再現されています。

 

中身も大きく進化している!

もちろん、ただ素材を置き換えただけではなく、中身も優れた先進機能が詰まっています。

ステンレス製のベゼルとケースの間にファインレジン製の緩衝材を実装させることで、新たな耐衝撃構造を実現させています。G-SHOCKが誇るタフネスも、しっかり進化させているんです。

高コントラストで広視野角のSTN液晶を採用。また、ソーラーパネルはガラスから加工性の高いフィルムに変更されました。外光の反射を抑え、液晶の視認性も高まっています。

Bluetoothも搭載。専用アプリ「G-SHOCK Connected」と連携させることで、リマインダー設定や自動時刻修正、ボタンを押したときの時間と場所を記録するタイム&プレイスログ機能、携帯電話探索といった機能を活用できます。

 

シルバーとゴールドの2モデルがラインナップ!

G-SHOCK「GMW-B5000D-1JF」¥60,000(税抜)

GMW-B5000D-1JFは、ステンレススチールらしい風合い漂うシルバーカラーモデル。

ケース全体には鏡面仕上げを施しつつ、ベゼル正面だけはタテのヘアライン仕上げを施すことで、ほどよい落ち着きを生み出しました。

バンドにもヘアライン仕上げを採用。バックルにはワンプッシュ三つ折れ式中留を採用しています。

他の5000シリーズ同様、防水性の高いスクリューバックを採用しています。

 

G-SHOCK「GMW-B5000TFG-9JR」¥70,000(税抜)

一方のGMW-B5000TFG-9JRは、35周年記念として登場した数量限定モデルです。

なんといっても、ゴールドIPを施したステンレススチールケース&バンドがラグジュアリーな特別感を放っています。GMW-B5000D-1JFとは違い、ベゼルを含めどの部分も鏡面仕上げが施されています。

バンドやバックルも、キラキラと輝く仕上げ。ただ、品のある色合いで、いやらしくは感じません。

スクリューバックには、35周年記念モデルであることを表す特別なロゴが刻印されています。

※2018年4月末現在、GMW-B5000TFG-9JRは生産終了しており、店頭在庫のみとなります。

 

アニバーサーリーを飾るにふさわしい、特別なフルメタルモデル。G-SHOCKが世界にもたらした功績と同じように、美しい輝きを湛えています。

 

サイズ49.3×43.2×13mm●質量167g●耐衝撃構造●タフソーラー●20気圧防水機能●電波受信機能●モバイルリンク機能●ワールドタイム5本:世界39都市+UTCの時刻表示、ホームタイムの都市入替機能●ストップウォッチ●タイマー●時刻アラーム5本・時報●バッテリー充電警告機能●パワーセービング機能●フルオートカレンダー●12/24時間制表示切替●操作音ON/OFF切替機能●日付表示●曜日表示●LEDバックライト

 

カシオ計算機 お客様相談室
03-5334-4869
http://g-shock.jp/

 

取材・文・撮影/横山博之 写真提供/カシオ計算機

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読