アクメ ファニチャーの35周年コラボは全部買いしたくなります!!

インテリア

 

ACME Furniture35周年のコラボレーションがどれも秀逸の出来栄えでした!!

GWも終わり、いつもの日常へと戻っていく訳ですが、
皆さん、お部屋に潤いはありますか?
いつも帰る自宅だからこそ、一番落ち着く空間でありたいし、好きなものに囲まれていたいですよね?
今回はベイクルーズが展開するインテリアショップ”ACME Furniture”の 35周年のコラボレーションが非常に秀逸ですので、魅力をお伝えしていきます!

1 コラボアイテムは4種類!サッと取り入れやすいアイテムが多いです!

インテリア

まずはこちらのゴミ箱。
ボディにはアメリカメーカーの“RUBBER MAID”を使用しています!
あのメーカーもなんとも言えない雰囲気があっていいんですよね。
ゴミ箱って、あまり気を使っていない人も多いですけど、毎日使うものなので、実はかなり大事だと思います。
毎日使うものだからこそ、気に入ったものにしたいですよね。
このゴミ箱のサイズは3種類。
SMLの3サイズ展開で、蓋は別売りです。
サイズを変えてリビング、キッチンなど場所で使い分けてもいいですね。

RUBBER MAID WASTE BASKET
S ¥4,500 / M ¥5,500 / L ¥8,800

RUBBER MAID WASTE BASKET TOP
M ¥4,000 / L ¥4,200
※Sサイズに蓋はありません。

インテリア

続いては、こちらのトレイ。
本体には世界中のフード業界で信頼されているテーブルウェアメーカーの“CAMBRO”をベースにしています!
このメーカーもシンプルでカラーリングもキレイな商品が多く、つい色々と揃えたくなるトレイが多いんです。
そこに加えたのが、この50‘sの空気を感じる花井氏のデザイン。
モチロン、食卓用で使ってもいいですし、小さいサイズは玄関や寝室などの小物置きでも活躍してくれそうですね!

CAMBRO CAMTRAY
S ¥2,600 / L ¥5,500

インテリア

個人的に一番欲しかったのがこのクッションです!
ラウンド型のクッションなんですが、デザインがたまらなくツボでした。
犬がソファーで寝ているイラストっていうのが、気持ちも穏やかにしてくれそうでいいですよね。
しかもこういうレザーのソファーなどは少し重厚感が出てしまうので、柄物やイラストのクッションを置いてあげると、柔らかい雰囲気になるのでオススメですよ!

CUSHION ROUND ¥3,500

インテリア

やはりファンには堪らないのがこの原画。
時計、シューズ、セレクトショップなど、数々のブランドとコラボしてきたイラストレーター花井祐介氏の世界感を味わえるモノです。
サーフィン、スケートなどの自身が経たカルチャー感があるモノや、ちょっと哀愁やノスタルジー溢れるテイストが魅力のイラストレーターさんです!
ちょっとこの壁寂しいなってお困りの方は、こちらの原画をお勧めします。
部屋に彩りが出て、雰囲気が変わりますよ!

SILK SCREEN A3
サイン、シリアルナンバー入り ¥10,000(限定50枚)

35周年のイベントにふさわしいラインナップでしたね。
数量限定のものだったり、大人気イラストレーターさんのコラボアイテムだったりするので、即決で挑んだ方がいいかと思います!
5/11から発売開始のアイテムなので、お急ぎください!

[ACME Funiture 35周年×イラストレーター 花井祐介氏 コラボレーション]

インテリア

インテリアショップACME Funiture 35周年の企画として、イラストレーターの花井祐介氏とコラボしたアイテム。
ベースにはアメリカのメーカーの“ラバーメイド”や“キャンブロ”を使用し、そこに花井氏のポップでノスタルジックな雰囲気のイラストが入ったアイテムを展開。
CAMBRO CAMTRAY S ¥2,600 / L ¥5,500
RUBBER MAID WASTE BASKET S ¥4,500 / M ¥5,500 / L ¥8,800
RUBBER MAID WASTE BASKET TOP M ¥4,000 / L ¥4,200
CUSHION ROUND ¥3,500 / SILK SCREEN A3 サイン、シリアルナンバー入り ¥10,000(限定50枚)
5/11(金)よりACME Furniture 全店で販売開始。

[問い合わせ先]
ACME Furniture 渋谷店
東京都渋谷区神南1-20-13 ビル渋谷01  1F・B1F
TEL:03-5728-5355
http://acme.co.jp/

スタイリスト 小林 知典

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読