【使ってみた!】バーミキュラライスポットミニは、少人数家庭に最適のスーパー調理家電!

バーミキュラライスポットミニ

「世界一、 おいしいごはん」を目指して開発されたバーミキュラの炊飯器「バーミキュラ ライスポット」。2016年に12月に発売されて以来、そのおいしさはあっという間に評判になり、発売1年で5万台を超えるヒット商品になりました。

しかしライスポットは、最大5合まで炊飯できるサイズと大きく、キッチンに置くスペースがないと諦めている人も少なくありませんでした。今回、従来サイズよりコンパクトになった3合炊きの「ライスポットミニ」が登場しました。ひとり暮らしや夫婦2人、あるいは夫婦+小さな子ども2人といった、少人数向けに最適なサイズです。今回はこの新モデルで実際の使い勝手をチェックしてみました。

ごはんのおいしさは圧倒的!

本体の構成は、バーミキュラのホーロー鍋と自動的に温度調整ができるIHヒーターの組み合わせ。従来モデルは直径23cmの鍋でしたが、ミニでは19cmになりました。わずか4cmの違いですが、実際に目にするとかなりコンパクトになったことを実感できます。キッチンやカウンターに置いたときの圧迫感がなくて、すっきりとレイアウトできます。

バーミキュラライスポットミニ

サイズは小さくなったものの、調理に関する機能は一切削られていません。炊飯モードと調理モードが用意されて、ごはんだけでなく、調理にも活躍します。操作もボタンが光ってつぎの操作を指示するスマートタッチキーを採用していて、迷わず操作できます。

炊飯は「白米」や「玄米」などの種類と炊き方、炊飯量を設定や炊飯料を選択し、炊き上がりの種類「ふつう/おこげ/おかゆ」を決めるだけ。タイマーを併用して指定時間に炊き上げることも可能です。

文句なくおいしい基本の白米

さっそく白米を炊いてみました。ごはんをといで分量の水を入れたら、スイッチを入れたらあとはおまかせ。60分ほどで炊き上がりました。フタをあけて、ごはんを混ぜ合わせると、おいしそうな香りがたちのぼります。実際に食べてみると、それはもうごはん一粒一粒がしっかりとしていて、米の甘みが引き出されたとてもおいしいごはんです。

バーミキュラライスポットミニ

バーミキュラライスポットミニ

この製品にはごはんの保温機能はなく、炊き上がったごはんが余るときは、ラップに包んで冷凍することが推奨されています。もちろんそれでもおいしく食べられるのですが、この製品で作ったごはんは冷めてもおいしいのです。たとえばおにぎりにしてしまえば、あとでいくらでも食べられてしまいます。

もちろんタイマー炊飯ができるので、毎回食べきりの量で作っても面倒ではありません。たぶん、この製品を使ってみたら「保温機能はいらないなあ」と実感できるでしょう。

炊き込みごはんや玄米もうまい!

続いて炊き込みごはんを作ってみました。具材にさくらえびとタケノコのオリジナルですが、炊き方の分量は付属のレシピ本を参照しました。炊き方のモードは白米と同じでOK。これもスイッチを入れたらおまかせでできあがりました。調味料を入れる分、炊き込みごはんは焦がしてしまうことも少なくないのですが、ばっちりおいしくできあがりました。

バーミキュラライスポットミニ

バーミキュラライスポットミニ

さらに玄米も炊いてみました。玄米も炊き上がりのフタを開けるときれいなかに穴ができて、ふっくらおいしくできあがりました。とにかくごはんに関しては、このライスポットミニにまかせておけば、間違いなくおいしく炊き上げてくれます。

バーミキュラライスポットミニ

調理モードがすごく便利!

実はこの製品は、調理モードを使った、料理が便利と評判になっています。火加減や温度を設定して、タイマーで時間設定できるので、温度管理が難しい調理でも失敗せずに作れます。また、バーミキュラの特徴でもある無水調理も手間なくできます。

本格的な無水スパイスカレーにトライ

加工精度が高いバーミキュラの鍋は、しっかりフタで密閉できるので、無水調理が得意です。野菜などの水分だけで作る無水カレーは、人気レシピで付属レシピにも掲載されています。今回はそれを少しアレンジして、カレールーを使わない本格スパイスカレーを作ってみました。

バーミキュラライスポットミニ

バーミキュラライスポットミニ

バーミキュラライスポットミニ

手順としては、調理モードを弱火にして、多めのオイルで、クミンなどのスパイスを炒めて香りを出します。タマネギのみじん切りを投入して香りを移し、そのほかの具材を順番に入れて60分ほど煮込みます。そのあとでターメリックなどのスパイスを加えて味を調整して、フタをして10分ほど余熱で味をなじませて完成です。野菜のうまみが効いた、おいしいカレーができあがりました。

 

ローストビーフも簡単にできる

温度管理の難しいローストビーフもライスポットなら簡単です。保温機能を使って、低温でタイマー調理すれば、温度管理はライスポットが自動的に行うので、火が入りすぎるといった失敗がありません。

バーミキュラライスポットミニ

バーミキュラライスポットミニ

バーミキュラライスポットミニ

この機能を使って実際に作ってみましたが、肉はしっとりとやわらかく、極上ローストビーフができあがりました。

今回いろいろな調理をしてみて、改めてバーミキュラのライスポットミニの調理器具としての実力がわかりました。炊飯が3合まででよい少人数の家庭なら、コンパクトになったこのライスポットミニはとてもおすすめです。ごはんだけでなく、さまざまな調理で活用できるでしょう。

 

バーミキュラライスポットミニ

ソリッドシルバー、トリュフグレー、シーソルトホワイトの3色が用意される。写真提供/バーミキュラ

 

バーミキュラ
http://www.vermicular.jp/

文・撮影/栗山琢宏

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読