24時間冷凍して食べる、塩あずきポテトチップスは、冷やして食べるのが面白くて、未体験なあまじょっぱさ!

2018/06/30

わさビーフの山芳製菓と、あずきバーアイスクリームの井村屋が、「ポテトチップス 塩あずき味」を発売しました。山芳製菓と井村屋が共同開発したもので、あずきバーのあずき味をポテトチップスに落とし込んだ新フレーバー。

一番の特徴は、冷やして食べるということ。パッケージの裏側には、「本品は冷凍庫で24時間冷やしていただくと美味しく召し上がれます」という表記があります。さすが、あずきバーの味。アイスクリームに近い味なんでしょうか。

とはいえ、冷やす前も興味があるので、開封してみました。

 

冷やす前に開封してみた!

見た感じはスタンダードなポテトチップスです。しょっぱそうな香りの中に、ちょっとあずきの甘そうな香りを感じます。ひと口目は、しょっぱい! ポテトチップスのしお味です、あずきの甘さが後からやってきますが、ちょっと弱い感じ。しょっぱさが前面に出ていて、これはこれでイケます。

ビールのつまみにできる塩っけでした。

冷凍庫で24時間冷やしてみた!

24時間、冷凍庫で冷やしてみました。それがこちら。

見た目は変化なかったですが、ひんやりとした冷気があります。香りはしょっぱさと甘さが半々ぐらいになりました。ひんやりとしたポテトチップスというのが新鮮です。

食べてみると、あずきの甘さが強まっていて、甘い! その後がしょっぱい! これは面白い! 冷凍すると甘味が強くなるって、あずきバーのノウハウが生かされているように感じます。この甘味は井村屋のあずきパウダーを使用することで、濃厚な甘さを演出しているそう。パッケージを見ると、こしあんパウダーの文字があります。酒粕パウダーも入っており、本格的な感じ。

冷やす前は、酒のつまみにもなりそうなしょっぱさだったのが、冷やした後は、甘味が強くなり、スイーツ感が出ているのがすごかったです。食感も冷やす前とあまり変わりませんが、心なしかサクサク感が増したように感じます。何より、噛むごとに口の中がひんやりするのが楽しい! サクサク冷たい食感とあずきの甘さが口の中に広がる感じは、あずきバーのそれでした。再現率高いです!暑い日に、冷たい麦茶や緑茶と合わせると、より美味しく食べられそう。うっかり常温に戻してしまっても、アイスクリームと違って溶けないし、むしろ常温でも美味しいし、夏のおやつにピッタリです!

山芳製菓
ポテトチップス 塩あずき味
¥130

文・撮影/金山 靖

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読